Movable Type.net

ニュース

MovableType.net の最新情報をお届けします。

インポート・エクスポート機能を強化!さらにフォームの通知メールがカスタマイズ可能に

ウェブサイトのお引っ越しや、ひな形を利用して新規サイトを作成する場合などに役立つ「インポート・エクスポート機能(読み込み・書き出し機能)」について、ウェブページのインポート・エクスポートが可能になるなどの機能強化を行いました。

また、フォーム機能について、送信された際にサイト管理者に送られる「通知メール」の送信者名の表示やメール件名の変更が可能になりました。

インポート・エクスポート機能を強化

インポート・エクスポート機能について、以下の機能強化を行いました。


ウェブページのインポート・エクスポートが可能に

ウェブページもインポート・エクスポート機能の対象になりました。フォルダ構造も含めてインポート・エクスポートすることができます。

テーマを含むサイトのウェブページや記事などのコンテンツを、スムーズに書き出したり読み込んだりすることができるため、例えばひな形を作成し、新規サイトに適用させることで、素早くサイトを作成することも可能です。

エクスポート画面

エクスポート時には、上のキャプチャのようにエクスポートする対象を選択して書き出すことができます。

またインポート時には、元のサイトのURLを指定するだけで、自動的にウェブページ本文内とカスタムフィールドの画像やファイルが読み込まれます。詳しくは以下のマニュアルをご覧ください。


Movable Type からのウェブページのインポートも可能に

Movable Type から MovableType.net へウェブサイトを移行する際に、ウェブページも移行できる専用テンプレートを用意しました。このテンプレートを使用することで、Movable Type から書き出したウェブページのファイルも、MovableType.net へインポートすることが可能です。

また、記事のカテゴリのパスも再現できるようなフォーマットも作成しましたので、そちらもご利用ください。詳しくは以下のマニュアルをご覧ください。

※ Movable Type と MovableType.net の違いは以下をご参照ください。
https://movabletype.net/features/compare.html


MovableType.net の記事のカスタムフィールドのファイル移行もスムーズに

先日、Movable Type から MovableType.net へのカスタムフィールドのファイルのインポートに対応しました。今回は MovableType.net でエクスポートした場合も、カスタムフィールドのファイルのURLが出力され、インポート時にアイテムとして読み込めるように改善を行っています。

これにより、MovableType.net 間での移行も簡単になります。

フォーム機能の改善

フォーム機能について以下の改善を行いました。

送信者名を通知メールの送信者欄に表示可能に

項目に「お名前」の入力欄を追加したい場合、これまで項目の種類は「1行テキスト」を利用していましたが、お名前専用の項目を追加しました。このお名前専用の項目を利用することで、送信者名を通知メールに表示することが可能になります。

これまで通知メールは「ウェブサイトのドメイン <noreply@movabletype.net>」という形で受信していました。今回機能改善により「お名前の項目に入力された名前 <noreply@movabletype.net>」という形で、送信者名を表示して受信することが可能になります。

通知メールの送信者の名前を指定できることで、メーラーなどでの適切なフィルタリング等行えるようになります。

お名前項目


通知メールの件名の変更が可能に

フォームが送信された場合に、サイト管理者が受け取るメールの件名を変更できるようにしました。これにより、独自のわかりやすい件名で通知メールを受信することができます。

通知メールの件名

 

新しい機能をぜひお試しください。


 古いバージョンの Movable Type や、WordPress で運用されているサイトからの移行のポイントなどついては、
2016年8月22日(月)に開催する無料
ハンズオンセミナーでご紹介します!ぜひご参加ください。

セミナーの詳細はこちら

アカウント作成は無料! 同じアカウントでウェブサイトをいくつでも作成でき、
作成したウェブサイト毎に14日間無料で利用可能です。

アカウント作成

Movable Type.net は無料トライアルが可能です。
Web制作者の方で、デモや評価利用をご希望の場合は、制作者向け評価ライセンスをご利用ください。

無料トライアル 資料ダウンロード 制作者向け評価ライセンス