MTタグ逆引き辞典

前後の記事へリンクを表示する

個別記事の下に、前後の記事のリンクを表示する場合は、MTEntryPreviousMTEntryNextを使用します。MTEntryPreviousは前のブログ記事を表示するためのブロックタグ、MTEntryNextは次のブログ記事を表示するためのブロックタグです。MTEntryPreviousMTEntryNextで 前あるいは次のブログ記事情報を取得し、MTEntryTitleなどブログ記事関連のタグで個別記事の情報を取得し、リンクを生成します。

テンプレート記述例

アーカイブ・テンプレートの「個別」へ記述してください。


<mt:EntryNext>
	<$mt:EntryTitle$>
</mt:EntryNext>


<mt:EntryPrevious>
	<$mt:EntryTitle$>
</mt:EntryPrevious>

出力例

該当の記事がない場合は、何も表示されません。

MTEntryPreviousMTEntryNextでは前後の該当記事の記事情報を取得するので、MTEntryAuthorを使えば前後の記事を書いた著者情報も合わせて表示できます。

テンプレート記述例

アーカイブ・テンプレートの「個別」へ記述してください。


<mt:EntryNext>
	<$mt:EntryTitle$>(<$mt:EntryAuthor$>)
</mt:EntryNext>


<mt:MTEntryPrevious>
	<$mt:EntryTitle$>(<$mt:EntryAuthor$>)
</mt:MTEntryPrevious>

出力例

次の記事のタイトル(記事を書いた著者名)

前の記事のタイトル(記事を書いた著者名)

使用したMTタグはこちら

Movable Type.net は無料トライアルが可能です。
Web制作者の方で、デモや評価利用をご希望の場合は、制作者向け評価ライセンスをご利用ください。

無料トライアル 資料ダウンロード 制作者向け評価ライセンス