マニュアル

テーマ「MEDIA」の特長と使い方

メディアやブログ向けテーマ「MEDIA」

テーマ「MEDIA」は2カラムのメディア向けテーマです。おすすめ記事をページトップにカルーセルで表示したり、記事の最後に関連記事を表示させることも可能です。

MEDIA

■特長

  • 記事内で最初にアップロードされた画像がサムネイル画像として表示されます。
  • 記事のカテゴリを作成するとページ右上のメニューに自動的に追加されます。
  • ウェブページを公開すると、ページのフッターメニューに自動的に追加されます。

 「MEDIA」の使い方

 

■記事のサムネイル画像について

記事内に画像をアップロードして公開すると以下のように左側には「記事内に一番最初にアップロードされた画像」が表示され、画像の右側には記事のタイトルとカテゴリ、概要が表示されます。もし画像を一枚も含まない記事を公開した場合は、デフォルトで設定されている画像が左側に表示されます。このデフォルト画像は変更する事が可能です。
(以下のキャプチャだと、「NO IMAGE」と記されたグレーの画像がデフォルト画像になります。)

media03.png

■記事のカテゴリについて

記事のカテゴリ名は、記事内の画像右側にも表示されますが、ページ右上の検索ボックスの下にもメニューのように表示されます。(この表示順を変更したい場合は■カテゴリの並び替え機能でナビゲーションメニューをコントロールするをご参照ください。)右上のカテゴリ名はカテゴリアーカイブにリンクされていて、クリックすると該当カテゴリの記事が一覧で表示されます。

■テーマ標準の画像を差し替える

media05.png

差し替えられる画像については、管理画面の [デザイン] - [ファイルマネージャー] にある「images」ディレクトリ内にアップロードされています。同じファイル名で差し替え用の画像を作成し、上書きアップロードすることで、テンプレートをさわることなく差し替えが可能ですので、必要に応じてお試しください。

上記のほかにも、記事個別ページに表示される「この記事の筆者」の画像もここで変更できます。
(ファイル名は「noimage-pic.png」です。)

media06.png

■筆者別に記事を一覧表示

記事個別ページの下に同じ筆者による記事が一覧で表示されます。これにより、複数人で一つのサイトを管理しているときに筆者(アカウント)単位で記事を閲覧することができます。

media07.png

■ウェブページについて

ウェブページを公開すると、ウェブページのタイトルをメニュー名として、フッターにリンクが設定されます。

media08.png

■サイドメニューについて

テーマ「MEDIA」はデフォルトの状態でもサイドメニューが整っています。ただし、Google カスタム検索で検索対象となっているブログ、Twitter アカウント、各項目のリンク先などは仮のものとなりますので、これらを自社サイトの情報に合わせて変更する必要があります。

media09.png

右上の Google カスタム検索、サイドメニューの調整は、管理画面の [デザイン] - [テンプレート] ページの「テンプレート・モジュール」各テンプレートから行います。具体的には、それぞれの項目を以下のテンプレートで変更します。

  • テンプレート・モジュール「links」
    サイドバー右上の「リンク」にある一覧はこのテンプレートで変更します。
  • テンプレート・モジュール「banners」
    サイドバーの「リンク」下にある Facebook、twitter、広報ブログのリンク先はこのテンプレートで変更します。
    ※ 画像は [デザイン] - [ファイルマネージャー] にある「images」ディレクトリ内にアップロードされている「banner01.png」、「banner02.png」、「banner03.png」を上書きアップロードする事で変更できます。
  • テンプレート・モジュール「config」
    広報ブログバナーの下にある Facebook モジュールで表示しているページ、サイト右上の Google カスタム検索の検索対象とするブログはここで変更できます。
    Facebook はページのフォルダ部分(たとえば、ページ URL が「www.facebook.com/movabletypenet」であれば後半の「movabletypenet」の部分となります。)を変更し、Google カスタム検索は Google カスタム検索の管理画面内で設定した「カスタム検索ID」を入力してください。
    また、ソーシャルシェアボタンの表示もコントロールすることができます。
  • テンプレート・モジュール「twitter」
    Facebook モジュールの下に表示されているツイート表示対象のアカウントはここで変更します。ツイートを表示したいアカウントの Twitter ウィジェットソースを公式サイトで生成し貼り付けてください。

Movable Type.net は無料トライアルが可能です。
Web制作者の方で、デモや評価利用をご希望の場合は、制作者向け評価ライセンスをご利用ください。

無料トライアル 資料ダウンロード 制作者向け評価ライセンス