マニュアル

フォーム機能のデータの保存先に kintone を選択する方法

フォーム機能の受付データの保存先として、サイボウズ社が提供する業務改善プラットフォームkintoneを選択できます。kintone用のプラグインを利用することで、フォームの項目などの設定・同期も簡単に行えます。
設定、利用方法は以下を参照してください。

kintone上でのプラグインのインストール

  1. kintoneシステム管理>プラグインから、MovableType.net のアプリをインストールする
  2. プラグインのファイルを以下よりダウンロードする
    kintone用プラグインファイル

MovableType.net フォーム側での連携設定

  1. 左サイドバーの [フォーム] - [一覧] をクリックする
  2. kintone と連携したいフォームの名前をクリックする
  3. 「受付データ」項目で [kintoneに保存] を選択する

    「「サービス上に保存」以外を選択すると受付済みのデータも削除されますがよろしいですか?」と表示されるので、必要に応じて対応を行ってから [OK] をクリックしてください。

  4. [保存] ボタンをクリックする
  5. ページ上部に表示される「kintoneとの連携設定を行ってください。」メッセージから「連携設定」のリンクをクリックする

  6. URL をコピーする

kintone 側での連携設定

  1. 新規、もしくは既存のアプリの設定>プラグインから MovableType.net アプリを有効化する

  2. 設定ボタンをクリックする

  3. 「MovableType.net 側での連携設定」手順 7 でコピーした連携用の URL を入力しインポートする

kintone 側での OAuth による連携設定

  1. まずは「MovableType.net 側での連携設定」と「kintone 側での連携設定」を行う
  2. kintone 側で OAuth クライアントを追加する

  3. MovableType.net 側の管理画面で左サイドバーの [フォーム] - [一覧] をクリックする
  4. kintone と連携するフォーム名をクリックし「基本設定」タブをクリックする
  5. 「OAuth連携の設定」というリンクが表示されるのでクリックして、kintone 側で作成した OAuth クライアントのクライアントIDとクライアントシークレットを入力する

※ フォームごと 1 つのリフレッシュトークンを利用します。多数のフォームで連携しようとした場合に、kintone の OAuth 連携の「リフレッシュトークンは1ユーザー1OAuthクライアントごとに10個まで取得」の制限を超える可能性があります。
その場合、「OAuth クライアントを複数用意して使い分ける」「OAuth 連携用の複数のユーザーを作成する」などの方法で回避できます。