ニュース

MovableType.net の最新情報をお届けします。

リッチテキストで公開時のデザインを反映させた状態で編集ができるように

記事やウェブページの本文・続きで利用できるフォーマット「リッチテキスト」で、公開サイトのデザインと同じCSSをあらかじめ設定できる「エディタCSS」テンプレートを作成できるようになりました。

これを利用すれば、公開時のデザインが反映された状態で、より直感的にコンテンツを編集できるようになります。

エディタCSSテンプレートを作成

デザイン > テンプレートの「システムテンプレート」で、エディタCSSを作成できるようになっています。

記事とウェブページでそれぞれ、body の class が下記のように設定されていますので、記事であれば「.entry h2」といった指定をして公開サイトと同じCSSを設定しておきます。

  • 記事 : entry
  • ウェブページ : page

上記のように、エディタCSSテンプレートに公開サイトに合わせたCSSを記述しておくことで、記事やウェブページのリッチテキストエディタ上で、指定したCSSが反映された状態で表示されるようになります。

運用改善にぜひご活用ください。

アカウント作成は無料! 同じアカウントでウェブサイトをいくつでも作成でき、
作成したウェブサイト毎に14日間無料で利用可能です。

アカウント作成