Movable Type.net

機能一覧

MovableType.netの機能一覧表です。

...サイト運用時に役立つ機能
...サイト引越し時に役立つ機能

機能種別 機能名 機能説明 /
テンプレート管理 テンプレート履歴比較機能 テンプレートを保存するごとに履歴が残ります。履歴を参照して過去の状態に戻したり、保存時には50文字までのメモを残すことができるため、変更内容や編集内容などを記録しておくことも可能です。また、履歴を比較して変更箇所を確認することもできます。
GitHub連携 テンプレートと静的ファイルをGitHubと連携して管理することで、バージョン管理したテンプレートをスムーズにウェブサイトに反映することができます。
テンプレート化 HTMLと独自タグであるMTタグを使って、制約のない自由なデザインが可能です。HTML、CSS、JavaScriptなどのソースコードをテンプレート化することができます。
テーマの読み込み・書き出し 一度カスタマイズしたテーマを書き出したり、読み込んだりすることができます。
カスタムフィールド 記事、ウェブページ、ブログ、アイテムに対して追加フィールドを作成することができます。例えば記事毎のogp情報を追加する、カバー画像を指定するなど柔軟なサイト構築が可能となります。
ページ送り機能 ウェブサイトやブログで記事を一覧表示する場合に、記事数が多くて長くなりすぎたページを一定間隔に区切り「前の10件」「次の10件」というように表示することが可能です。
ファイルマネージャ ウェブサイトのデザインなどに使用するファイルを、FTP等の別のツールを使わずブラウザだけでセキュアに管理できます。
zip展開機能 ファイルなどのデータをzip圧縮し、まとめてアップロードすることができます。フォルダ階層などもそのままに展開されるため、サイト移行時に役立ちます。
インポート/エクスポート 記事とウェブページの読み込み/書き出しが可能です。Movable Type形式とWordPress形式のファイルの読み込み、Movable Type形式ファイルの書き出しに対応しています。Movable Type からインポートする場合は、カスタムフィールドのファイルも記事に紐づいて読み込まれます。
ウェブページ ウェブページ フォルダやファイル名などを指定して簡単にページを作成できます。会社概要など頻繁に更新しない固定的なページに向いています。
フォルダ並び変え機能 作成したウェブページはフォルダで管理することができ、後からフォルダが追加された場合でも運用にあわせてフォルダを並び変えることができます。
共有プレビュー機能 ウェブページを公開前に下書き状態のまま共有できます。個別ページのプレビューだけでなく、実際のサイト上で反映された状態を確認することができる*ため、ウェブページ公開後に影響のある、トップページや一覧ページなどの表示確認も可能です。
*一部制限があります。
ウェブページ履歴比較機能 ウェブページを保存するごとに履歴が残ります。履歴を参照して過去の状態に戻したり、保存時には50文字までのメモを残すことができるため、変更内容や編集内容などを記録しておくことも可能です。また、履歴を比較して変更箇所を確認することもできます。
ウェブページ差し替え予約機能 公開しているウェブページの「差し替え版」を作成することができ、差し替え日時を指定することも可能です。
フォルダの階層化 フォルダの階層を第3階層まで掘ることができるため、ウェブページを分かりやすいURL構造で分類できます。
ウェブサイト運用 独自ドメイン設定 独自ドメイン機能で、簡単に自社ドメインなどの独自ドメインを設定することが可能です。
常時SSL対応 追加料金不要でサイト全体へのアクセスを常時SSL(HTTPS)化することができます。 常時SSLに対応することによって通信の暗号化が保証されるため、閲覧者はよりセキュアにサイトを利用できます。
パスワード保護 ウェブサイトやブログ毎に、IDとパスワードで閲覧を制限することができます。  
記事作成 WISIWYGエディタ HTMLやMarkdownの知識を必要とせず、見たままにテキスト編集や画像の挿入が可能です。
指定時間公開 記事の公開日時を指定して自動投稿できます。
共有プレビュー機能 記事を公開前に下書き状態のまま共有できます。個別ページのプレビューだけでなく、実際のサイト上で反映された状態を確認することができる*ため、記事公開後に影響のある、トップページや一覧ページなどの表示確認も可能です。
*一部制限があります。
コピーして新規作成機能 過去に書いた記事を複製して、編集・投稿することができます。
記事投稿・管理 カテゴリ 記事をカテゴリで整理することができます。
検索・置換機能 記事やウェブページの中身を検索し、一括で置換することが可能です。
スマートフォン投稿アプリ 外部からリアルタイムで記事を更新したい場合などに、無料の専用アプリを使用してスマートフォンから記事を投稿することが可能です。
メール投稿 メールを送信するだけで記事を更新することができます。
XML-RPC機能 Windows Live Writer などの外部ツールで記事の編集・投稿が可能です。
記事履歴比較機能 記事を保存するごとに履歴が残ります。履歴を参照して過去の状態に戻したり、保存時には50文字までのメモを残すことができるため、変更内容や編集内容などを記録しておくことも可能です。また、履歴を比較して変更箇所を確認することもできます。
記事差し替え予約機能 公開している記事の「差し替え版」を作成することができ、差し替え日時を指定することも可能です。
フォーム機能 フォーム機能 お問い合わせなどを受け付けることができるフォームを設置できます。
確認画面の表示 フォームの送信前に内容を確認するページを表示することが可能です。
カスタムCSS機能 ウェブサイトのデザインに合わせてフォームをデザインすることができます。
回答必須/任意の選択 フォームの入力項目は自由に選択することができ、各項目に対して回答必須/任意を設定できます。
ファイル添付 最大6MBまでのファイルを添付することができます。例えば、質問内容のキャプチャ画像や、申請書類をフォームで受け付けるといった使い方が可能です。
入力項目の言語選択 フォームの入力項目を日本語、英語、繁体中国語(台湾)に設定できます。海外向けのサイトなど、閲覧者にあわせた言語設定が可能です。
自動返信メール 閲覧者がフォームを送信した際に、自動的にカスタマイズしたメール返信することが可能です。
通知メール フォームが送信されると、サイト管理者に通知メールが送られます。
ユーザー管理 ユーザーごとの権限付与 1つのウェブサイトやブログを複数人で運営する際に、権限を与えることによってアクセスできる範囲や使用できる機能を絞ることができます。
アカウントの言語設定 アカウントごとに、管理画面の言語を日本語、英語、繁体中国語(台湾)に設定することができます。
ベーステーマ スマートフォン対応 汎用性の高いレスポンシブデザインのベーステーマテーマは、カスタマイズだけでスピーディーにスマートフォン対応サイトを構築できます。また、HTML レベルでの自由なデザインや、カスタムフィールドを活用した高度なカスタマイズも可能です。
アイテム(画像など)管理 アイテム管理 記事やウェブページで利用する画像やファイルなどのアイテムを管理することができます。
アイテム複数アップロード 挿入したいアイテムが複数ある場合、一度にアップロードすることが可能です。
画像の最大サイズ指定 画像の最大サイズを指定することができ、指定サイズ以上の画像をアップロードすると自動的にリサイズされます。
ファイルの自動読み込み機能 ウェブサイトへ記事をインポートする際、読み込み元のウェブサイトのURLを指定することにより、画像などのファイルもアイテムとして自動的に取り込むことができます。アイテムはそれぞれの記事にも紐付けられるので、移行先の記事でも元の記事のサムネイル表示などが実現可能です。※ファイルの読み込み確認済みのサービス・ソフトウェアは、WordPress.com、Lekumo、Movable Type3,4,5,6となっています。

Movable Type.net は無料トライアルが可能です。
Web制作者の方で、デモや評価利用をご希望の場合は、制作者向け評価ライセンスをご利用ください。

無料トライアル 資料ダウンロード 制作者向け評価ライセンス

汎用性の高いレスポンシブデザインのベーステーマを複数用意しています。

テーマギャラリー