ニュース

MovableType.net の最新情報をお届けします。

未来の日付で記事・ウェブページを公開できるようになりました

記事とウェブページを未来の日付での公開できるようにしました。また、フォーム関連の改善なども行なっています。

未来の日付での公開

従来は、記事やウェブページを未来の日付にすると必ず公開予約となり、非公開状態となっていましたが、未来の日付のまま公開したいという要望を受け、以下の手順で公開できるようにしました。

未来の日付での公開手順

通常通り、公開日を未来の日付にして予約します。

続いて記事の操作から「未来の日付で公開する」を選びます。

その後、公開ボタンを押すと未来の日付で公開されます。

イベント等のサイト運営で、ぜひご活用ください。

フォーム受付データの上限到達前の通知

フォームの受付データが最大受付件数まで残り100件となった際に、通知メールが送信されるようになりました。

フォームの項目を最大100件に

フォームに設置できる項目はこれまで最大50件まででしたが、条件分岐も利用できるようになったことで足りないケースが出てきたため、スタンダードプラン以上では100件までに変更しました(ライトプランは従来通り50件までです)。

その他の修正・改善

  •  iOS safari でフォームの送信時にエラーが発生したときに、画面が該当箇所にスクロールしない問題について、スクロールするように回避策を追加しました。
  • Firefox でフォームのエラー箇所に他の要素が重なっている場合に、重なっている箇所にエラー表示が固定されてしまう問題に対応しました。 

アカウント作成は無料! 同じアカウントでウェブサイトをいくつでも作成でき、
作成したウェブサイト毎に14日間無料で利用可能です。

アカウント作成