Movable Type.net

MovableType.net 活用ブログ

MovableType.net の新機能の使い方や、ウェブサイトの構築・運用に役立つTIPSを紹介しています。

サイトと複数ブログを運営している場合の、404(Not Found)ページ設置場所のヒント

先日のアップデートで、ページが見つからない場合に表示される404(Not Found)ページのテンプレートが作成できるようになりました。この404ページはウェブサイト全体で共通にすることはもちろん、その配下のブログごとに作成することも可能です。

今日は、ウェブサイトの運営方法にあわせた404ページの設置方法についてお話します。

29d0f24784aecfa0b07d2d3d007ac028_s.jpg

404(Not Found)ページを設置する場所は、ウェブサイトの構成や運営方法を考慮して決めていきます。

例えば、ショップの情報発信をブログメインで行っている場合、会社の紹介サイトをウェブサイトメインで行っている場合など、メインとする箇所が「ブログ」か「ウェブサイト」かで設置パターンを変えることが可能です。

もしウェブサイトをメインで運用している場合は、ウェブサイトにのみ 404 ページを設置すれば、該当のウェブサイトドメイン配下のページでエラーとなった際にウェブサイトに設置されている 404 ページを表示します。
ウェブサイト配下に A、B、C というように複数ブログを作っていたとしても、A、B、C のブログで 404 ページを設置していなければ、ブログ内のページでエラーになった際もウェブサイトの 404 ページを表示します。ウェブサイトをメインで運用している場合には、この方法が統一感があってオススメです。

複数のブログをメインで情報発信していて、ブログごとに別店舗の情報を発信しているなど、ブログによってカラーが違う場合にはそれぞれのブログごとに 404 ページを作成することをオススメします。
A、B、C というブログそれぞれで 404 ページを作成し、それぞれのブログに戻れるよう 404 ページ内にリンクを設置するなどして、404 ページにいったら別店舗のブログやサイトに戻ってしまった、など閲覧者が迷子になってしまう可能性を回避しましょう。

404 ページの設置状況により、表示される 404 ページの優先順位は以下になります。

例: ウェブサイトにのみ 404 ページを設置した場合

ウェブサイト内で 404 エラーが発生した
>> ウェブサイトに設置した 404 ページが表示されます

ウェブサイト配下のブログ内で 404 エラーが発生した
>> ウェブサイトに設置した 404 エラーページが表示されます

404-02.png

例: ウェブサイトとブログの両方に 404 ページを設置した場合

ウェブサイト内で 404 エラーが発生した
>> ウェブサイトに設置した 404 ページが表示されます

ウェブサイト配下のブログ内で 404 エラーが発生した
>> 該当ブログに設置した 404 エラーページが表示されます
  ※ 404 ページを設置していないブログではウェブサイトに設置した 404 ページが表示されます

404-01.png

例: ブログにのみ 404 ページを設置した場合

ウェブサイト内で 404 エラーが発生した
>> デフォルトの 404 ページが表示されます

ウェブサイト配下のブログ内で 404 エラーが発生した
>> 該当ブログに設置した 404 エラーページが表示されます
  ※ 404 ページを設置していないブログではデフォルトの 404 ページが表示されます

404-03.png

404 ページは、ウェブサイトやブログのサイドバーメニュー [デザイン] - [テンプレート] からページを開き、一番下の「システムテンプレート」項目にある [+新しく404エラーテンプレートを作成] リンクから作成できます。
HTML もご利用いただけますので、通常のページと同様に作成できます


404page.png

上記の例を参考に、お客様のサイト構成に合わせてご活用ください!

アカウント作成は無料! 同じアカウントでウェブサイトをいくつでも作成でき、作成したウェブサイト毎に14日間無料で利用可能です。

アカウント作成

Movable Type.net は無料トライアルが可能です。
Web制作者の方で、デモや評価利用をご希望の場合は、制作者向け評価ライセンスをご利用ください。

無料トライアル 資料ダウンロード 制作者向け評価ライセンス