Movable Type.net

MovableType.net 活用ブログ

MovableType.net の新機能の使い方や、ウェブサイトの構築・運用に役立つTIPSを紹介しています。

必見!記事、ウェブページの本文に対応するCSSまとめ

テーマ「Basic theme」、「Stylish Corporate」、「Character」、「Landing Page」、「EC Brand」、「EC Blog」記事、ウェブページに同様のCSSスタイルが付いています。
<h2>〜</h2>、<h3>〜</h3>、 <h4>〜</h4>…といった見出しや、
太字、引用文、リンクといった、編集画面から可能なもの、その他リストやテーブルにもスタイルを用意しています!
CSSの知識がなくても、記事、ウェブページのデザインを簡単に整えることができるので、使い方によってぐっとレベルアップしたサイトになりますよ♪

また、「自分でCSSを書き換えて記事、ウェブページをカスタマイズしたい!」という場合にどうすればいいのか?もご紹介します!


目次


本文の見出しに使える<h2>〜<h6>までの見出しのスタイルです。


リッチテキストモードでは「書式」より選択できます。

<h2>〜</h2>

  

<h3>〜</h3>

  

<h4>〜</h4>

  

<h5>〜</h5>

  

<h6>〜</h6>

  


▲ 目次へ戻る



強調文字、リンク、引用文

編集画面、入力エリア上のボタンからタグをつけることができます。

強調文字

  強調文字強調文字

リンク

  リンクリンクリンク

引用文

  
引用文引用文引用文引用文引用文引用文


▲ 目次へ戻る



リスト系

オーダーリスト(箇条書きのリスト)と、ナンバーリスト(順番をふってくれるリスト)の2種類用意されています。

<ul>〜</ul>

  
  • リスト1
  • リスト2
  • リスト3

<ol>〜</ol>

  
  1. リスト1
  2. リスト2
  3. リスト3


▲ 目次へ戻る



テーブル

表を挿入します。

見出し1 見出し2 見出し3
セル1−1 セル1−2 セル1−3
セル2−1 セル2−2 セル2−3


▲ 目次へ戻る



本文内のデザインをカスタマイズ(CSSを理解している方向け)

「自分でCSSを書き換えたい!」という場合は、テーマの「CSSテンプレート」を編集します。
テンプレート>デザイン>インデックス・テンプレート「スタイルシート」(styles.css)を開き、本文内のスタイルを指定している部分を探します。
コメントアウトで「本文内」もしくは、class名が「wysiwyg」のものが、本文内のスタイルに関する記述です。


テーマ「EC Brand」では400行目から始まります。開始位置がそれぞれのテーマにより異なりますが、wysiwygの内容はどれも同じです。

「wysiwyg 要素」という形でスタイルを指定しているので、変更したい部分を探し、CSSを編集していきましょう。

カスタマイズしてみました♪


▲ 目次へ戻る



使いこなせばウェブページ、記事の使い方に幅が出ます。
ぜひ試してみてくださいね!


▲ 目次へ戻る

アカウント作成は無料! 同じアカウントでウェブサイトをいくつでも作成でき、作成したウェブサイト毎に14日間無料で利用可能です。

アカウント作成