MovableType.net 活用ブログ

MovableType.net の新機能の使い方や、ウェブサイトの構築・運用に役立つTIPSを紹介しています。

常時SSL機能を利用して公開サイトをHTTPS化する

MovableType.net では、独自ドメイン(自社ドメイン)の場合でも、 設定をオンにするだけで簡単に追加費用なしで閲覧ページの常時SSL化が可能です。
また、先日より スタンダードプラン以上で独自のSSL証明書も利用できるようになりましたので、既にお持ちの企業認証やEV認証の証明書を設置することができます。

一部のブラウザでは今後、HTTPを利用しているすべてのウェブサイトにてアドレスバーに警告を表示するようになるなど、HTTPS化の推奨が進んでいますので、この機会に公開サイトのHTTPS化の実施をぜひご検討ください。

参考:ITmedia エンタープライズ
HTTPを使うWebサイトはすべて「安全ではない」――Google Chromeで明示へ

公開サイトのHTTPS化は、設定したいウェブサイト、またはブログの「公開設定」画面(左サイドバー [設定] - [公開] をクリックする)で「HTTPS」の設定項目にあるチェックボックスを有効にするだけで簡単に行えます。
※ MovableType.net では example.movabletype.io といった標準のドメインの場合は共通の証明書、独自ドメインの場合は Let's Encrypt で発行される証明書を利用しています。独自の証明書を利用する場合は、常時SSL機能(公開ページのHTTPS化) を参考に設定を行ってください。

独自のSSL証明書を利用できるスタンダードプラン、プロプランの詳細については、価格・購入ページ をご参照ください。

また、プラン変更はいずれも「プラン設定」画面(ウェブサイトの左サイドバー [プラン] - [設定] をクリックする)から行えます。 手順については以下マニュアルをご参照ください。

アカウント作成は無料! 同じアカウントでウェブサイトをいくつでも作成でき、作成したウェブサイト毎に14日間無料で利用可能です。

アカウント作成