MovableType.net 活用ブログ

MovableType.net の新機能の使い方や、ウェブサイトの構築・運用に役立つTIPSを紹介しています。

12月リリース版のChrome 79以降、HTTPS/HTTP混在コンテンツのブロックが段階的に強化されるので早めの対応を

2019年12月リリース予定のChrome79から段階的に混合コンテンツ(Mixed Content)をブロックしていくとGoogleがアナウンスしています。

Google Online Security Blog: No More Mixed Messages About HTTPS

参考:

常時SSL化しているウェブサイト内で、httpのコンテンツを読み込んでいる場合は該当のコンテンツがブロックされてしまいますので、早めに対応することををおすすめします。

MovableType.net では、運営途中で常時SSL化した場合などに過去のコンテンツの一部がhttpのままの場合があります。

混在を確認・修正するには、一例として以下の対応方法があります。

  1. 検索機能で記事、ウェブページ、コンテンツデータ、テンプレートを対象にそれぞれ「http://」といったワードで検索を行う
  2. 対象の内容を確認し、「https://」で置換を行う(ファイルではなく外部サイトへのリンクがhttpの場合もあるので確認時に注意してください)
  3. 出力結果を確認する

対応できているかの確認は、実際にChromeでアクセスし以下のように鍵のアイコンになっていればそのページは大丈夫です。

他にもサイト全体の混合コンテンツをチェックしてくれるツール等もあるようですので、そういったものを利用するのも良いかと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アカウント作成は無料! 同じアカウントでウェブサイトをいくつでも作成でき、作成したウェブサイト毎に14日間無料で利用可能です。

アカウント作成