• 活用ブログTOP
  • Zoomのセミナー後に MovableType.net フォームを使って独自でアンケートフォームを用意する方法
hayase hayase

Zoomのセミナー後に MovableType.net フォームを使って独自でアンケートフォームを用意する方法

ビデオ会議、ウェブ会議、ウェビナーなどを行える Zoom。リモートワーク時代に無くてはならないサービスとなってきました。

Zoomには投票機能を使ってアンケートをとることができますが、独自でアンケートフォームを用意して誘導したい場合もあります。

そんな場合には、MovableType.net フォーム が最適です。

MovableType.net フォームの特長

MovableType.net フォームには、アンケートを行う際にも便利な機能が搭載されています。

  • 項目をドラッグ&ドロップで自由に追加、並び替えができ、専門知識がなくても簡単に作成可能
  • 指定されたコードを貼り付けるだけで、自社サイトなどに簡単に埋め込み設置が可能
  • 埋め込むページが無い場合、わざわざ公開するためのページを作らなくても、URLを持たせフォーム単体で表示することも可能
  • スマートフォン表示にも対応
  • 受付データは管理画面に保存してCSVでダウンロードできるほか、ウェブフック送信を利用してGoogleスプレッドシートや他のサービスに送信することも可能

上記のほかにもさまざまな機能があり、さらに無料版もあるので、気軽にご利用いただくことが可能です。
プランごとの機能差などについては価格・購入のページをご覧ください。

価格・購入 | MovableType.net フォーム

Zoom からアンケートフォームへの誘導

Zoom からアンケートフォームへ誘導するにはは、Zoom のプランによっていくつか方法が考えられます。

Zoom ビデオウェビナープランの場合

Zoom のビデオウェビナープランの場合は、ウェビナーを作成できます。

スケジュールしたウェビナーの ブランディング>ウェビナー後のアンケート の項目をオンにし、フォームが掲載されているURLを指定します。

これにより、ウェビナー終了後の画面に誘導のURLが表示されるのでスムーズにアンケートフォームに誘導することができます。

Zoom ミーティングプランの場合

通常利用する無料やプロプラン等の場合は、機能として誘導する方法はありません。

そのため、ミーティングルームの チャット を利用してアンケートフォームのURLを周知する方法になります。

以上、Zoomによるウェビナーの独自アンケートフォームの用意の方法でした。

ぜひ一度、MovableType.net フォーム をお試しいただければと思います。