ニュース

MovableType.net の最新情報をお届けします。

フォーム機能、受付データのアクセス権限を改善

「フォーム機能」において 受付データをサービス上に保存している 場合のデータ閲覧権限を改善し、「フォームの編集・管理権限はあるが、受付データへのアクセス権限は付与しない」という権限設定が可能になりました。

制作担当者にフォームの編集・管理は任せたいけど、個人情報を含む受付データへのアクセスは特定の担当者に限定したい。という場合に役立ちます。

サイト管理者以上も受付データの閲覧可否を設定可能に

従来、ウェブサイトの「オーナー」「サイト管理者」は、受付データを標準で閲覧できるようになっていましたが、フォームの基本設定 > 受付データより、権限に関わらず、データを閲覧できるメンバーの指定が可能になっています。

これにより、フォーム機能に関わる権限設定は以下の3パターンになります。

  • オーナーまたはサイト管理者で、フォームの作成編集ができ、受付データが閲覧できる(例:企業のWeb担当者)
  • オーナーまたはサイト管理者で、フォームの作成編集ができるが、受付データは閲覧できない(例:制作会社の構築担当者)
  • 参加者として、受付データのみ閲覧できる(例:企業のマーケティング担当者)

※前提として、フォーム機能の編集・管理ができるのは「オーナー」と「サイト管理者」権限のみです。MovableType.net 全体の権限設定については投稿者の権限表をご参照ください。

権限編集時のメール通知

権限変更時にアクセス権限を持っているメンバーと、新たに権限設定されたメンバーにはメールで通知が送られるようになりました。アクセス権限の変更を運営メンバーが把握できるようになっています。

アカウント作成は無料! 同じアカウントでウェブサイトをいくつでも作成でき、
作成したウェブサイト毎に14日間無料で利用可能です。

アカウント作成