Movable Type.net

MovableType.net 活用ブログ

MovableType.net の新機能の使い方や、ウェブサイトの構築・運用に役立つTIPSを紹介しています。

新デザインテーマ Shop について詳しく解説

本日リリースしました新デザインテーマ「Shop」、こちらはカフェなどの飲食店やショップのウェブサイトなどで、Simple Productテーマでは情報が収まらない場合などにおすすめです。

shop-500wi.jpg

もちろん、レスポンシブデザインとなっていてスマートフォンでみると左側にメニューが収納された状態になります。
このテーマは Foundation をベースに作られているので、カスタマイズの際に参照していただければと思います。

今回はテーマについて詳しく解説します!

上部ナビゲーションについて

shopnav.jpg

右上のメニューは、記事とウェブページ、ウェブページに設定するフォルダが表示されます。
具体的には以下のようになります。

  • ホーム
    トップページへのリンクです。
  • ニュース▼
    クリックするとブログ記事一覧のトップページへのリンクである「TOP」と、記事のカテゴリ名がプルダウンメニューとして表示されます。
  • メニュー▼
    ウェブページのフォルダ名です。クリックすると該当フォルダが設定されているウェブページ名がプルダウンメニューとして表示されます。
    また、これらのメニューはメインイメージの左下に展開されて表示されます。
  • 当店について、アクセス、スタッフ募集
    フォルダを設定していないウェブページ名です。クリックすると該当のウェブページが表示されます。

また、これらはスマートフォンサイズになると左メニューとして展開して表示されます。

ロゴとメインイメージの変更

shop-images.jpg

トップページのロゴとメインイメージは画像で設定しています。
[デザイン] - [ファイルマネージャ] ページの「images」ディレクトリ内に以下のような名称でアップロードすると自動的に配置されます。

  • logo.png (542x182)
  • slide01.jpg (1500x750)

メインイメージ画像のテキストは [デザイン] - [テンプレート] ページの「メインページ」テンプレートで変更ができます。

また、「images」ディレクトリ内の以下画像についても差し替えるだけで変更が可能です。

  • noimage-s.jpg(ニュース一覧で表示されるときに画像がない場合の標準の画像)
  • favicon.ico (ファビコン)
  • ogimage.png (facebook などにシェアした時に表示される og:image)

Instagramのリンク先とウィジェットのソースの貼り付け

Shop.jpg
スマートフォンの時に左メニューに表示される、Instagramのリンクは [デザイン] - [テンプレート] ページの「config」テンプレートでリンク先 URL の変更ができます。

instaurl.jpg

PC版の左メニューのInstagramのサムネイル画像は、 [デザイン] - [テンプレート] ページの「instagram」テンプレートで外部サービス SnapWidget で生成されたスクリプトソースを貼り付けます。

instathumb.jpg

右サイドバーのインフォメーションを変更

infomation.jpg
右側に常に表示されるインフォメーションは [デザイン] - [テンプレート] ページの「information」テンプレートで内容を編集できます。

PICKUP オススメ部分はカスタムフィールドで実現

デモサイトにあるPICK UP おすすめ部分は、以下のようにカスタムフィールドを作成して

  • システムオブジェクト:記事
  • 名前・説明:好きな内容
  • タイプ:チェックボックス
  • 識別子:今回は「entry_pickup

[デザイン] - [テンプレート] ページの「メインページ」テンプレートを開きます。

shopindex.jpg

以下のソースコードをNEWS ニュースの上のclass「group」のdivの上に貼り付けます。

<mt:SetVarBlock name="pickup_count"><mt:Entries lastn="5" field:entry_pickup="1"><$mt:EntriesCount$></MTEntries></mt:SetVarBlock>
<mt:If name="pickup_count">
<div class="group">
  <h2>PICKUP おすすめ</h2>
  <mt:Entries lastn="3" field:entry_pickup="1">
  <div class="entry">
    <a href="<$mt:EntryPermalink$>"><img src="<mt:EntryAssets type="image" sort_order="ascend" limit="1"><$mt:AssetThumbnailURL width="160"$><mt:Else><$mt:BlogRelativeURL$>images/noimage-s.jpg</mt:EntryAssets>" alt="<$mt:EntryTitle$>"></a>
    <h3><$mt:EntryTitle$></h3>
	<p><$mt:EntryDate format="%Y.%m.%d"$><br /><$mt:EntryExcerpt$></p>
	<p class="text-right"><a href="<$mt:EntryPermalink$>" class="button"><i class="fa fa-angle-double-right"></i> 続きを見る</a></p>
  </div>
</mt:Entries>
</div><!-- group -->
<mt:Else>
</mt:If>

後は記事の編集画面でピックアップに表示したい記事でチェックを入れます。

shopentry.jpg

以上でShopテーマの説明は終わりです。

応用次第でいろいろなサイトを実現できると思いますので、是非お試しください!

 

*「Shop」を含め、現在ご利用いただけるテーマをテーマギャラリー でご紹介しています 。ぜひご参照ください。


 あわせて読みたい

新しくなった「Shop」テーマを使いこなす

テーマ Shop を使って飲食店のサイトを作ってみよう

 

アカウント作成は無料! 同じアカウントでウェブサイトをいくつでも作成でき、作成したウェブサイト毎に14日間無料で利用可能です。

アカウント作成

Movable Type.net は無料トライアルが可能です。
Web制作者の方で、デモや評価利用をご希望の場合は、制作者向け評価ライセンスをご利用ください。

無料トライアル 資料ダウンロード 制作者向け評価ライセンス