Movable Type.net

MovableType.net 活用ブログ

MovableType.net の新機能の使い方や、ウェブサイトの構築・運用に役立つTIPSを紹介しています。

個別ページの URL をカテゴリごとに分類されたものにする

先日新機能として公開された、記事のアーカイブパスの種類の追加 について、具体的な利用方法をご案内します。
category.jpg

まず、記事のアーカイブパスの種類が選べるとどうなるのか?
今まで記事(個別ページ)のURLは、「年/月/ファイル名(yyyy/mm/entry-basename.html)」で固定でした。
けれど先日アーカイブパスの種類が選べるようになったことで、記事のURLにカテゴリ情報を反映させたもの「カテゴリフォルダ名/ファイル名(category/entry-basename.html)」を設定できるようになっています。
これを選択すると、URLだけでどのカテゴリに設定されているのかを判別でき、どういった内容の記事であるか想像しやすくなります。

なお、6月12日以降に MEDIA テーマで作成したブログ、ウェブサイトについてはすでにカテゴリ情報を反映させた URL が個別アーカイブとして設定されています。

カテゴリ情報を反映させたURLを記事に利用したい場合、以下の手順を行って下さい。
※ ただし、この変更を行うと、過去の記事のURLも含めすべての記事のURLが変更になります。別のページや別のサイトから個別ページにリンクをしている場合などはご注意ください。

  1. 管理画面で記事URLを変更したいブログ、またはウェブサイトを選択する
  2. サイドバーの [デザイン] - [テンプレート] をクリックする
  3. 「アーカイブ・テンプレート」の「記事」をクリックする
  4. 「アーカイブパス」の項目で「category/entry-basename.html」を選択する
    pass02.png

  5. [保存] ボタンをクリックする

以上の手順で、以下のようにURLが変更されている事を確認してください。
設定しているカテゴリのカテゴリフォルダ名がURLに含まれていれば変更は完了です。

  • 変更前
    pass03.png

  • 変更後
    pass01.png

※ この設定は、過去の記事すべてのURLが変更になる操作です。実施の際は、必ず他のサイトなどからリンクが無いかなどご確認の上、慎重に行って下さい。

商品情報を取り扱ったブログなどは、カテゴリ情報を反映させたURLを利用することでサイトのURLに統一感が出て管理が容易くなります。
ブログやウェブサイトの用途によって個別ページのアーカイブパスをそれぞれ使い分けてみてください。

アカウント作成は無料! 同じアカウントでウェブサイトをいくつでも作成でき、作成したウェブサイト毎に14日間無料で利用可能です。

アカウント作成

Movable Type.net は無料トライアルが可能です。
Web制作者の方で、デモや評価利用をご希望の場合は、制作者向け評価ライセンスをご利用ください。

無料トライアル 資料ダウンロード 制作者向け評価ライセンス