Movable Type.net

MovableType.net 活用ブログ

MovableType.net の新機能の使い方や、ウェブサイトの構築・運用に役立つTIPSを紹介しています。

フォームのファイル添付機能を詳しく解説

先日、フォームに「ファイル」を添付できる機能を追加したことをお知らせしましたが、今日は添付できるファイルの制限やファイルを添付した場合、どのように管理者の手元にファイルが届くかなど、詳細をお伝えしたいと思います。

サイトにフォームを設置する方法については、別途「サイトにフォームを設置する方法」を参照してください。
※ フォームの入力項目は 30 個まで設置可能ですが、「ファイル」の項目だけは最大 3 個までとなります。


入力項目「ファイル」でファイルが送信されるとどうなるのか

サイトに設置したフォームにファイルが添付され送信された場合、通知メールにファイルが添付され、[フォーム] - [設定] の「通知先メールアドレス」項目に設定されたメールアドレス宛に送信されます。

フォーム利用者に対する自動返信メールにはファイルは添付されず、添付したファイルのファイル名のみが記載されます。

なお、フォームから送信された場合でも、「通知先メールアドレス」項目に設定されたメールアドレスで拒否され、メール自体が届かない場合もあります。添付ファイルの受信状況などを含め、ご利用のメールサーバーの仕様についてはあらかじめご確認ください。

入力項目「ファイル」の利用制限

フォームに設置できる添付ファイルのフィールドは 3 個までですが、設置するフィールドの数によって添付できるファイルのサイズが異なります。

添付ファイルのフィールドを 1 個に設定した場合、添付できるファイルのサイズは 6MB、2 個に設定した場合、添付できるファイルのサイズは 1 ファイルあたり 3MB、3 個に設定した場合、添付できるファイルのサイズは 1 ファイルあたり 2MBとなります。

項目の数 1つ 2つ 3つ
最大サイズ 6MB 3MB 2MB

添付できるファイルの種類について

.js などの一部拡張子は添付したとしても警告メッセージが表示され送信できません。
.jpg、.png、.gif、.txt などのプログラム以外のファイルは添付可能ですので、警告メッセージが表示された場合は、一般的なファイルの拡張子となるようデータを変換して添付いただくようご案内ください。

入力項目「ファイル」を使った運用例

ファイルの添付フィールドを追加することで、たとえば「お問い合わせフォーム」や「アルバイト募集フォーム」などを便利に運用できるかと思います。



フォームにファイルを添付できるようにするためのフィールドを追加する場合、注意点や一連の動作は以上となります。もし疑問点やご要望などありましたら、どうぞお気軽にサポートまでご連絡ください。

アカウント作成は無料! 同じアカウントでウェブサイトをいくつでも作成でき、作成したウェブサイト毎に14日間無料で利用可能です。

アカウント作成

Movable Type.net は無料トライアルが可能です。
Web制作者の方で、デモや評価利用をご希望の場合は、制作者向け評価ライセンスをご利用ください。

無料トライアル 資料ダウンロード 制作者向け評価ライセンス