Movable Type.net

MovableType.net 活用ブログ

MovableType.net の新機能の使い方や、ウェブサイトの構築・運用に役立つTIPSを紹介しています。

WordPressからMovableType.netにデータを移行する

先日、カテゴリが3階層まで作成できるようになりましたが、これによってソフトウェアのMovable TypeやWordPressからの移行(引越し)がしやすくなりました。

今回はソフトウェアの WordPress からの移行方法を具体的にご紹介します。

今回のポイントは、、

  • 固定ページはウェブページとして、投稿は記事として読み込まれます!
  • 投稿のカテゴリも3階層まで保持したまま移行できる!
  • 固定ページや投稿内の画像やファイルなども簡単にアイテムとして取り込める!

といったところです。

では、具体的な手順を説明していきます。

WordPressからの書きだし

WordPressエクスポート画面

まず、対象のWordPressのサイトの管理画面のツール>エクスポートから、エクスポートする内容を選択すべてのコンテンツを選択してエクスポートファイルをダウンロードします。

この際にMovableType.netへの移行対象となるのは、投稿と固定ページとそれに紐づく画像やファイルなどのメディアになります。(投稿や固定ページに紐付いてないメディアは取り込まれません)

以上WordPressでの書きだしは完了です。

MovableType.net での読み込み

  1. 管理画面にログイン後、移行先のウェブサイトもしくはブログの左メニューツール>インポートに移動します。
  2. 次にファイルでWordPressから出力したxmlファイルを選びます。
  3. アイテムのインポートの有効にチェックを入れ、ウェブサイトのドメイン名のところに、WordPressの元のサイトのドメイン名を入力します。
    例:http://hayase.example.com/blog/ の場合は hayase.example.com の部分のみ
    もし、画像やファイルなどが別のドメインにもある場合は、その他のドメインに改行区切りで入力しておくとそれらのファイルも対象となります。
  4. 読み込むボタンを押すとインポートが開始され、ファイルなどが多い場合は時間がかかるので読み込みが完了するとメールが届くようになっています。

以上のように、固定ページや投稿のデータはもちろん、画像などのファイルも記事やウェブページに紐付けを行った上で、MovableType.netのアイテムとして自動で取り込まれるので、非常に簡単に移行することができます。

データが移行できれば、後はスマートフォンに対応した標準テーマをベースに運用していただくことも可能です。
WordPressからの移行ですと、ブログのような運営であれば RimoGeneralBlogMEDIAMaterialBlog がオススメです。

是非お試しください!

アカウント作成は無料! 同じアカウントでウェブサイトをいくつでも作成でき、作成したウェブサイト毎に14日間無料で利用可能です。

アカウント作成

Movable Type.net は無料トライアルが可能です。
Web制作者の方で、デモや評価利用をご希望の場合は、制作者向け評価ライセンスをご利用ください。

無料トライアル 資料ダウンロード 制作者向け評価ライセンス