MovableType.net 活用ブログ

MovableType.net の新機能の使い方や、ウェブサイトの構築・運用に役立つTIPSを紹介しています。

IFTTT Webhooks 機能を使って記事の公開時に指定したSlackのチャンネルに通知する

Webサービス同士を連携させるIFTTT(イフト)を利用できる、IFTTT Webhooks 機能を公開しました。

IFTTT Webhooks 機能は各ブログ毎に設定でき、設定をすれば以下の状態の変更の場合に自動的にリクエストを送信します。

  • 記事の公開などのステータス変更(差し替え版も含む)
  • ウェブページの公開などのステータス変更(差し替え版も含む)
  • 記事・ウェブページのワークフロー時のステータス変更

詳細のリクエストの種類と送信されるデータについては以下のマニュアルも参照してください。

今回は、記事が公開された時にビジネスチャットアプリSlackの指定したチャンネルに投稿する、という設定方法を紹介します。

「社内のコミュニケーションツールでSlackが使われているんだけど、自社のニュースやクライアントのサイトの記事公開など自動で通知してくれたらいいなぁ。。」といった場合に非常に便利です!

IFTTTのAppletを作成する

IFTTTでアカウントを作成し、My AppletsのページのNew Appletを作成します。

次に+thisを選択

トリガーとなるサービスを選ぶ画面が表示されるので Webhooks と入力し選択します。

Receive a web request というボックスが表示されているのでクリックします。

今回は記事の公開時をトリガーにしたいので、イベント名を post_release にします。その他のイベント名はマニュアルを御覧ください。

続いて、+that を選択します。

アクションを実行するサービスを選択する画面が表示されるので Slack と検索して選択します。

Connect ボタンを押すと

slackにサインインする画面が表示されるので、サインインして

Authorizeします。

続いて、Slackでのアクションを設定するので、Post to Channel のページへ移動します。

今回は特定のChannelに送信するので、Channelsを選択し送信したいチャンネルを選びます。

送信されるイベントは共通で以下になるので、

  • value1: 記事タイトル(なければ空白)
  • value2: 記事概要(なければ空白)
  • value3: 記事が公開状態の場合は公開URL、未公開の場合はプレビューURL

MessageとTitleを以下のように設定しました。

Create Action ボタンを押すと以下の画面が表示されるので、アプリの名前を設定しFinishボタンを押します。

これでアプリの作成は完了です。

その後、Webhooks のページに移動し

Documentation のページに移動すると

APIキーが表示されているので、このキーをコピーします。

MovableType.net 側の設定

管理画面の設定したいウェブサイトもしくはブログの、設定>WebサービスIFTTT Webhooks の設定を有効にして、先程コピーしたAPIキーを設定します。

以上で、指定したブログで記事が公開されたタイミングで以下のようにSlackのChannelに通知されるようになります。

是非、運用効率化に利用してください!

アカウント作成は無料! 同じアカウントでウェブサイトをいくつでも作成でき、作成したウェブサイト毎に14日間無料で利用可能です。

アカウント作成