Movable Type.net

セキュリティ強化・SEOに有効な常時SSLとは?

常時SSL化とはウェブサイトのすべてのページへの通信を暗号化することです。
MovableType.net はサービスの標準機能で常時SSLに対応可能です。

常時SSLとは

MovableType.net でウェブサイトを常時SSL化するメリット

*現在 MovableType.net で常時SSL化した場合に、HTTP/2を利用できるブラウザ―は「Safari」と「Firefox」です。その他のブラウザーに関しても順次対応を予定しています。

常時SSLとは?

常時SSLとはウェブサイトの全てのページをHTTPS化することを言います。HTTPS化することによって、ブラウザとウェブサーバー間の通信を暗号化することができ、サイト訪問者にセキュアな閲覧環境を提供することができます。

ウェブサイトの常時SSL化が注目される背景

以前はお問い合わせフォームなど、個人情報を入力させるようなページのみHTTPS化する方法が多く取り入れられていましたが、公共Wi-Fiなどの安全性の低い無線LAN接続の普及や、大手サービスの常時SSL化の流れにともなって、ページ全体をHTTPS化する常時SSL化のニーズが高まっています。

常時SSL化で得られるメリット

  • サイト閲覧者に安全な閲覧環境を提供できる

    通信内容の盗聴やアクセスIDの改ざんを防ぎ、ウェブサイトのセキュリティを高めることができます。

  • 検索の表示順位で優遇される

    ウェブの安全性を重視して、2014年にGoogleが「HTTPSをランキングシグナルに使用する」と公式に発表しました。これは「HTTPS」と「HTTP」のページが同じコンテンツであれば「HTTPS」のページの検索表示順位を優遇するということです。常時SSLに対応することは、SEOの観点からも有効と言えます。

  • リファラ情報を収集しやすくなる

    アクセス元や検索キーワードなどを把握するためのリファラ情報が、より高い割合で収集できるようになります。サイト閲覧者の情報は、SEO対策やウェブサイト解析にも役立つため、マーケティング視点でも大きなメリットです。

    多くのブラウザーにおいて、HTTPSのサイトからHTTPのサイトにアクセスした場合、リファラ情報が送信されず、アクセス元や検索キーワードを取得することができません。つまり、自社サイトをHTTPで運用していると、HTTPSのページからの流入に関してはリファラ情報を取得できません。

    アクセス元の特性に関わらず、リファラ情報を収集しやすくするために、常時SSL化は有効です。

    アクセス元(流入元) アクセス先(自社サイト) リファラ情報の送信
    HTTPS HTTPS あり
    HTTPS HTTP なし
    HTTP HTTPS あり
    HTTP HTTP あり
  • 通信速度の向上

    ブラウザーとサーバー間の通信を効率よく実行するプロトコルを利用できるため、通信速度が向上します。

    これまで主流だったHTTP/1.1プロトコルよりも、ウェブページをすばやく表示することができるHTTP/2プロトコルが現在注目されています。このプロトコルを利用するためには、現状ほとんどのブラウザがHTTPSでのみ対応していることから、常時SSL対応が欠かせません。

MovableType.net で常時SSL化

常時SSL化には様々なメリットがあり、通信環境の変化に対応するためにもニーズが高まっています。MovableType.net で手軽にウェブサイトを常時SSL化しましょう。

Movable Type.net は無料トライアルが可能です。
Web制作者の方で、デモや評価利用をご希望の場合は、制作者向け評価ライセンスをご利用ください。

無料トライアル 資料ダウンロード 制作者向け評価ライセンス