Movable Type.net

セキュリティ強化・SEOに有効な常時SSLとは?

常時SSL化とはウェブサイトのすべてのページへの通信を暗号化することです。
MovableType.net はサービスの標準機能で常時SSLに対応可能です。

MovableType.net で常時SSL化するメリット

常時SSLとは?

常時SSLとはウェブサイトの全てのページをHTTPS化することを言います。HTTPS化することによって、ブラウザ―とウェブサーバー間の通信を暗号化することができ、サイト訪問者にセキュアな閲覧環境を提供することができます。

ウェブサイトの常時SSL化が注目される背景

以前はお問い合わせフォームなど、個人情報を入力させるようなページのみHTTPS化する方法が多く取り入れられていましたが、公共Wi-Fiなどの安全性の低い無線LAN接続の普及や、大手サービスの常時SSL化の流れにともなって、ページ全体をHTTPS化する常時SSL化のニーズが高まっています。

常時SSL化で得られるメリット

MovableType.net でウェブサイトを常時SSL化するメリット

  • サーバー証明書の発行・更新はおまかせ

    サーバ証明書の発行・更新手続きは、シックス・アパートが行うため、面倒なサーバー証明書の更新作業を行うことなく、常時SSLに対応したサイトを運用いただけます。

  • 追加料金不要

    常時SSLに対応する機能を、標準機能として提供しているため、ご契約中のサービス利用料の他に費用はかかりません。

  • 標準ドメインはもちろん、独自ドメインでも対応可能

    独自ドメインで運用しているサイトも対応可能です。

    標準ドメイン(*.movabletype.io)のサイトではサービス共通のSSL証明書を利用し、独自ドメインのサイトでは、非営利団体ISRGが無償で提供する「Let's Encrypt」のドメイン認証型SSL(DV SSL)証明書を利用します。

  • 設定画面よりHTTPS対応機能を有効にするだけの簡単設定

    設定は、ウェブサイトの設定画面より、HTTPSの項目に1カ所チェックを入れるだけで、サービス側で全ページSSL化します。(*)
    *CSS・テンプレート・記事・ウェブページなどに直接記述しているURLに関しては、書き換えられません。

  • 検索エンジンからの評価を落とさずHTTPSに切り替え可能

    HTTPSに対応したページがHTTPのままアクセスされると、「301リダイレクト」でHTTPSのページへ誘導します。この「301リダイレクト」は、HTTPで運用していたときの検索エンジンからの評価(被リンクやページランク、ドメインの運用年数)を引き継ぐことができるため、HTTPS化する前の評価が失われることはありません。

  • 対応作業なしにHTTP/2プロトコルを利用可能(*)

    HTTPSに対応するだけで、HTTP/2プロトコルを利用できるようになります。HTTP/2を利用するためにはサーバーのアップデートや設定変更が必要です。しかし MovableType.net の場合はサービス側で行いますので、特別な作業なしにHTTP/2を利用できます。

*MovableType.net で常時SSL化した場合、「Google Chrome」「Internet Explorer 11」など、HTTP/2プロトコルをサポートしているすべてのブラウザーで、HTTP/2プロトコルが利用可能です。

MovableType.net で常時SSL化

常時SSL化には様々なメリットがあり、通信環境の変化に対応するためにもニーズが高まっています。MovableType.net で手軽にウェブサイトを常時SSL化しましょう。

Movable Type.net は無料トライアルが可能です。
Web制作者の方で、デモや評価利用をご希望の場合は、制作者向け評価ライセンスをご利用ください。

無料トライアル 資料ダウンロード 制作者向け評価ライセンス