マニュアル

フォームの項目設定と種類

フォームの項目は右側の種類の中から、最大100項目まで(スタンダードプラン以上。ライトプランは50項目まで)好きな項目をドラッグ&ドロップで左側に持ってくることができ、さらに並び替えもすることができます。
また、このページではフォームの項目の読み込み、書き出しも可能です。

読み込む / 書き出し

書き出し済みのフォームの項目の読み込みと、作成済みフォームの項目の書き出しが行えます。
書き出しを行うと JSON 形式でファイルがダウンロードされます。このファイルはどのフォームでも読み込むことが可能です。
読み込み可能な書き出しサンプルデータは以下の活用ブログをご確認ください。

設定できる項目は以下の種類になります。各項目の補足説明文でタグは使えません。URL は自動的にリンクになります。

共通要素

それぞれの項目では、以下の要素が共通で含まれます。

  1. 表示条件(スタンダードプラン以上):この項目を表示する条件を選択します。
  2. ID:項目名が重複している場合、この ID を利用することで項目を指定します。

1行テキスト

form01.jpg1行の入力フィールドです。
項目名の変更と必須項目の設定、補足説明文が入力できます。

複数行テキスト

form02.jpg複数行の入力フィールドです。
項目名の変更と必須項目の設定、補足説明文が入力できます。

ドロップダウンリスト

form03.jpgドロップダウン形式で項目を選択できます。
項目名の変更と必須項目の設定、補足説明文の入力、オプションでは選択させる項目を改行区切りで設定できます。

チェックボックス

form04.jpgチェックボックスを表示できます。
項目名の変更と必須項目の設定、補足説明文の入力、オプションではチェックさせる項目を改行区切りで設定できます。

ラジオボタン

form05.jpgラジオボタンを表示できます。
項目名の変更と必須項目の設定、補足説明文の入力、オプションでは選択させる項目を改行区切りで設定できます。

テキスト表示エリア

form06.jpg項目に関連しないテキストを表示させるための項目です。項目の間に説明文などを入れたい場合などに利用できます。
テキスト欄には、テキストとURLが入力可能でURLは自動的にリンクになります。項目名は表示されません。

お名前

名前を入力させたい場合に利用します。項目名の変更と必須項目の設定、補足説明文の入力ができます。
ここで入力された名前がフォームから送られるメールの送信者としても表示されます。

メールアドレス

メールアドレス設定画面
メールアドレス入力欄を表示します。入力時に自動的にメールアドレスかどうかのチェックが入ります。入力されたメールアドレスは自動的に返信先メール(reply-to)に設定されます。
項目名の変更と必須項目の設定、補足説明文を設定できます。

電話番号

form09.jpg電話番号入力欄を表示します。
項目名の変更と必須項目の設定、補足説明文が入力できます。

URL

form10.jpgURL入力欄を表示します。
項目名の変更と必須項目の設定、補足説明文が入力できます。

年月日選択

form11.jpg生年月日などを選択させやすい、年月日のドロップダウンメニューを表示させます。
項目名の変更や必須項目の設定、補足説明文と年の下限と上限、年の初期値を設定できます。

カレンダー

form12.jpgクリックするとカレンダーが表示されるフィールドを表示させます。
項目名の変更と必須項目の設定、補足説明文の設定ができます。

都道府県

都道府県を選択するドロップダウンメニューを表示します。
項目名の変更と必須項目の設定、補足説明文の設定ができます。

郵便番号

郵便番号入力欄を表示します。
項目名の変更と必須項目の設定、補足説明文の設定ができます。

郵便番号・都道府県・住所(自動入力)

郵便番号・都道府県・住所の自動入力欄を表示します。
郵便番号を入力すると自動的に都道府県と市区町村までの住所が入力されるフォームを設置できます。チェックボックス「項目名をグループ名として利用する」を有効にすると、「郵便番号」「都道府県」「住所」の項目をまとめたグループ名を設定できます。

ファイル

添付ファイル挿入欄を表示します。
項目名の変更と必須項目の設定、補足説明文の設定ができます。

  • ※ 「ファイル」挿入欄は最大3つまで設置できます。設置数によって添付できるファイルの最大サイズが異なります。なお、規定のファイルサイズを超える場合には警告メッセージが表示されて送信することができません。
    • 設置数1:6MB
    • 設置数2:3MB
    • 設置数3:2MB
  • ※ js など一部の拡張子のファイルを添付した場合、警告メッセージが表示されて送信することができません。
  • ※ フォームから送信できた場合でも、受信者の環境(Gmail など)で拒否されてメール自体が届かない可能性もあります。

見出し

項目名で指定した文字列を見出しとして表示します。タグは h2 で出力されるので、カスタムCSSで見た目をコントロールすることができます。

改ページ

指定した箇所に入れると、ページを分割できます。 フォームの項目数が多い場合など、1ページが長くなる場合にページを分割することが見やすくすることが可能です。