マニュアル

リッチテキストの使い方

記事やウェブページの作成では、「リッチテキスト」を利用すると文字を装飾しながら内容を作成できます。
リッチテキストでは文字装飾パレットを利用すると、装飾された状態が即時反映されます。

richtext01.png

書式

richtext02.png

選択した部分に以下のいずれかを設定できます。


  • 見出し(見出し1 から 6)
  • 段落
  • Pre

太字

richtext03.png

選択した部分を太字にします。

斜体

richtext04.png

選択した部分を斜体にします。

下線

richtext05.png

選択した部分のテキストに下線を装飾します。

取り消し線

richtext06.png

選択した部分のテキストに取り消し線を装飾します。

テキストの色

richtext07.png

選択した部分を任意の色に変更できます。

背景色

richtext08.png

選択した部分の背景に任意の色を設定できます。

書式をクリア

richtext09.png

選択した部分の装飾を解除します。

テキストの配置

richtext10.png

左寄せ:選択したブロックを左寄せにします。
中央揃え:選択したブロックを中央揃えにします。
右寄せ:選択したブロックを右寄せにします。

ソースコード

richtext11.png

クリックするとフィールド内のテキストとソースコードを表示します。ソースコードの編集、追加が可能です。

元に戻す / やり直す

richtext12.png

これまでの操作を一段階元に戻したり、やり直すことができます。

箇条書き

richtext13.png

選択した部分を箇条書きにします。

番号付き箇条書き

richtext14.png

選択した部分を番号付き箇条書きにします。

インデントを減らす / インデントを増やす

richtext15.png

選択した部分をインデントします。インデント済みの部分のインデントを解除できます。

richtext16.png

「表の挿入」で縦横のセル数を選択し、カーソルのある部分に表を作成できます。作成した表のセル、行、列の簡単な編集ができます。

  1. 表の挿入。行数、列数分の四角を選択してクリックします。
    リッチテキストの使い方:テーブル/表
  2. 挿入された表をクリックして選択するとメニューが表示されます。「表の詳細設定」を選択します。
    リッチテキストの使い方:テーブル/表
  3. 表の詳細設定ウィンドウが開きます。タブにより「一般」と「詳細設定」に別れています。
    リッチテキストの使い方:テーブル/表
    リッチテキストの使い方:テーブル/表
  4. 特定のセルを選択して表のアイコンをクリックすると、その選択したセルの設定ができます。
    リッチテキストの使い方:テーブル/表
  5. セルの詳細設定ウィンドウが開きます。タブにより「一般」と「詳細設定」に別れています。
    リッチテキストの使い方:テーブル/表
    リッチテキストの使い方:テーブル/表

水平罫線

richtext17.png

カーソルのある部分に水平罫線を挿入します。

引用

richtext18.png

選択した文章を引用表示にします。

richtext19.png

リンク

選択した部分にリンクを設定できます。また、すでにリンク状態の部分を選択しボタンをクリックするとリンク情報を編集できます。

画像にリンクを設定する

  1. リッチテキストの使い方:画像にリンク
    リンクを設定したい画像を選択し、リンク設定アイコンをクリックします。この時、画像をダブルクリックするなどし、画像全体に色がついて選択された状態となっていることを確認してください。
  2. リッチテキストの使い方:画像にリンク
    リンク先URL等を設定し、[OK] ボタンをクリックしてください。

画像の挿入

richtext20.png

カーソルのある部分に画像を挿入します。
詳細は「記事やウェブページに画像を挿入する」マニュアルをご確認ください。

ファイルの挿入

カーソルのある部分にファイルを挿入します。ボタンをクリックせず、本文にドラッグ&ドロップでファイルを挿入することも可能です。