マニュアル

ステージング機能を利用する(一覧/新規)

ステージング機能はスタンダードプラン以上で利用可能です。

ステージング機能とは

一般的に、コンテンツやサイトの公開にあたって慎重な運用を行いたい場合や、大幅な変更を行うにあたって本番環境に影響が出ないように事前に確認をしたい場合、本番環境と切り離された「ステージング環境」を用意することがあります。

公開前の記事やウェブページ、その個別ページに加えてトップページやアーカイブ一覧ページの公開時の状態を確認するのはもちろんのこと、デザインテンプレートの修正や、インデックステンプレートを利用して独立した HTML ページを作成している際などの公開前の確認にも利用することができます。

ステージング機能を利用すると、同じプラットフォーム上に確認用の環境が作成されます。ステージング環境を確認するための専用の URI を設定して、本番環境同様にサイト全体を確認することが可能です。

ステージング環境作成に関するプランによる違い

  • スタンダードプラン
    → ウェブサイト全体のステージングを 1つのみ作成可能
  • プロプラン以上
    → ウェブサイト全体のステージングを 2つまで 作成でき、さらにブログそれぞれごとにステージング環境を1つ作成可能

ステージング環境の新規作成

  1. ダッシュボード に表示されるウェブサイトとブログ一覧から、ウェブサイト名またはブログ名をクリックする

    website_blog00.png

  2. 左サイドバーの [ステージング] - [新規] をクリックする

  3. 「URL」、「ラベル」を入力し、「対象」とする項目のチェックボックスを有効にする

  4. [作成] ボタンをクリックする

作成したステージング環境には、左サイドバーの [設定] - [公開] ページ内にある「ステージングの限定公開」項目でパスワードを設定することができます。確認中はパスワードを設定するなど、必要に応じてご利用ください。
※ パスワードは最大 5 個まで追加できます。

作成したステージング環境を利用する

ステージング環境を作成したら左サイドバーの [ステージング] - [一覧] で作成済みのステージング環境を選択します。ステージング環境では、以下の操作が可能です。

  • テンプレートの編集
  • ファイルマネージャのファイルの管理
  • 実際にデザインやファイルが反映された状態の確認
  • ステージング対象の設定
  • テーマの読み込み書き出し
  • 検索/置換

本番環境への適用

即時適用する場合

左サイドバーの [ステージング] - [一覧] で作成済みのステージング環境を選択し、[本番環境へ適用] ボタンをクリックすると、変更したテンプレートやファイルマネージャ内のファイルが本番環境に即座に反映されます。
※ 反映されるタイミングで、もともと公開されていたテンプレートとファイルマネージャが [ステージング] - [一覧] にバックアップとして表示されます。万が一の場合は、ここから切り戻しが行えます。

適用日時を予約する場合

左サイドバーの [ステージング] - [一覧] で作成済みのステージング環境を選択し、「ステージングの操作」項目の [適用を予約する] ボタンをクリックすると、適用日を設定するウィンドウが表示されるので、日時を指定して適用を予約します。
指定した日時になると、自動的に本番への適用が実施されます。
※ 反映されるタイミングで、もともと公開されていたテンプレートとファイルマネージャが [ステージング] - [一覧] にバックアップとして表示されます。万が一の場合は、ここから切り戻しが行えます。

コンテンツのステージング

プロプラン、アドバンスプラン では、コンテンツ(記事・ウェブページ)のステージング環境での確認も可能です。

下記のステータスの記事やウェブページを指定して、それらが反映された状態をステージング環境で確認することができます。

  • 指定日公開で予約されている
  • 下書き保存されている
  • 差し替え版として作成されている