マニュアル

Data APIを利用する

Data APIは、Movable Type 6 から搭載されている Web API です。さまざまなプログラム言語から REST/JSON方式で Movable Type にアクセスし、データの取得や更新ができます。MovableType.net ではその一部を利用できます。

Data APIを利用すると以下のようなことが可能になります。

  • 社内の独自システム内に専用の管理画面を用意し記事を投稿する
  • 独自の投稿アプリを作成する
  • 外部サイトに MovabeleType.net で作成したサイトの最新情報を表示する

※ エンドポイントは、ドメイン配下に「.data-api」と追加したものになります。例えばご利用ドメインが「https://*****.net/」だった場合、エンドポイントは「https://*****.net/.data-api」となります。
特定のブログの記事一覧を指定する場合(例えば活用ブログの場合)、エンドポイントは「https://movabletype.net/.data-api/v4/sites/171/entries/」となります。

特定の記事を指定する場合、エンドポイントは「https://movabletype.net/.data-api/v4/sites/ブログID/entries/記事ID」となります。

Data API を利用するための設定

Data API を利用するためには、以下の設定を行ってください。

  • ウェブサイトの「公開設定」画面で「Data API」を有効にする。
  • ウェブサイトの「メンバーの編集」画面で「Data API」を有効にする。

ウェブサイトの「公開設定」画面で「Data API」を有効にする

  1. 設定を行いたい [ウェブサイト] のサイドメニューにある [設定] - [公開] をクリックする
  2. 「公開設定」画面の「Data API」項目で「有効」チェックボックスを有効にする
    外部サイトからアクセスする場合は「許可するオリジン」項目でドメインを指定します。
  3. [変更を保存] ボタンをクリックする

ウェブサイトの「メンバーの編集」画面で「Data API」を有効にする

  1. 設定を行いたい [ウェブサイト] のサイドメニューにある [メンバー] - [一覧] をクリックする
  2. 「メンバー一覧」画面で利用したいメンバー名をクリックする
  3. 「メンバーの編集」画面の「Data API」項目で「このアカウントで有効にする 」チェックボックスを有効にする
    「ユーザー名」と「パスワード」項目が表示されるので、「パスワード」を入力します。
    ※ここで設定するパスワードは通常のログインパスワードと別のものを設定することを推奨します。
  4. [変更を保存] ボタンをクリックする

Data APIの技術ドキュメント

MovableType.netで利用可能な API について、詳しくは こちら をご覧ください。

Data APIの基本概念は Movable Type と同じですので以下のドキュメントもあわせてご覧ください。
Data API ドキュメント - 開発者ポータル | CMSプラットフォーム Movable Type ドキュメントサイト