タグリスト

MTSetVarBlock

ブロックタグで囲まれた内容を、変数として値を設定します。変数を呼び出すときは、MTGetVar, MTVar ファンクションタグを使います。

MTSetVarTemplate ブロックタグとの違いは、ブロックした内容が処理された結果が値となるか、処理されずブロックしたテンプレートが値となるかです。MTSetVarBlock はブロックした内容が処理された結果が値となります。

設定した値は $name_foo として、モディファイアの値としても利用することができます。

変数の名前に、ハイフンを利用すると、$name_fooのような$を利用したモディファイアを正常に評価できません。このため、ハイフンの利用はお控え下さい。

使い方

<MTSetVarBlock name="name_foo">
  <!-- do something -->
</MTSetVarBlock>

モディファイア

name="name_foo"

値を代入する変数の名前を指定します。

append="0 | 1"

値に 1 を設定すると、変数に代入されている値の後に、値を連結します。

prepend="0 | 1"

値に 1 を設定すると、変数に代入されている値の前に、値を連結します。

Movable Type.net は無料トライアルが可能です。
Web制作者の方で、デモや評価利用をご希望の場合は、制作者向け評価ライセンスをご利用ください。

無料トライアル 資料ダウンロード 制作者向け評価ライセンス