タグリスト

MTSiteSearchSnippet

Data API と JavaScript を利用したサイト内検索を設置することができます。

使い方

<$mt:SiteSearchSnippet$>

モディファイア

fields="foo"

fiedls で指定したフィールドを対象に検索インデックスを作成します。複数のフィールドを指定する場合は、カンマ区切りにします。カスタムフィールドを指定する場合は field:(フィールドの識別子) という値で指定します。初期値は title,body,more,keywords です。

include_custom_field="0 | 1"

値に 1 を指定すると、記事またはウェブページの「1行テキスト」「複数行テキスト」のフィールドを fields の値に自動的に追加します。

language="foo"

表示言語の設定です。デフォルトではブログの言語設定を参照します。現在は ja_JP と en_US 以外は対応していません。

blog_ids="foo"

対象にするブログを id または識別子をつかって指定します。複数のブログを対象する場合はカンマ区切りで指定します。指定がない場合は、ウェブサイト全体で検索インデックスを作成します。

filter_categories="foo"

検索結果を指定のカテゴリー名でフィルターします。複数のカテゴリーを表示対象にする場合は、カンマ区切りで入力します。

filter_pathname="foo"

検索結果の記事のpermalinkについて、pathname でフィルターします。 e.g. /blog/ pathname に対して、前方一致でフィルターします。

entry_jsons="foo"

JSON 形式で記事の情報を渡すことで、任意の記事の情報を検索インデックスに含めることができます。複数の JSON ファイルを指定する場合は、カンマ区切りで指定します。Web Worker で実行する場合があるので、絶対パス(またはルートからのパス)を指定するようにしてください。

query_key="foo"

クエリストリング中の query(検索語)のキーを設定します。初期値は mtssq です。

limit_key="foo"

クエリストリング中の limit のキーを設定します。初期値は mtsslimit です。

offset_key="foo"

クエリストリング中の offset のキーを設定します。初期値は mtssoffset です。

limit="foo"

表示する検索結果の件数を設定します。初期値は mtsslimit です。デフォルトは 10 です。

prebuild_index="foo"

prebuild index した JSON ファイルがある場合に、その JSON ファイルのパスを指定します。

form_action="foo"

検索を実行するページの URL を指定します。指定以外のページで検索が実行されると、検索実行画面に画面遷移します。指定がない場合はその場で検索を実行して検索結果を表示します。

search_result_container="foo"

検索結果を表示する場所を HTML タグの id で指定します。指定がない場合は検索フォームの直下に表示されます。

no_search_form="0 | 1"

値に 1 を指定すると、検索フォームが表示されなくなります。

no_search_result="0 | 1"

値に 1 を指定すると、検索結果が表示されなくなります。

keywords="foo"

検索インデックスに指定したキーワードを追加します。複数のキーワードを指定したい場合はカンマ区切りで指定します。

keyword_list="foo"

キーワードを配列にした JSON 形式のファイルを用意してURLを指定することで、検索インデックスにキーワードを追加することができます。Web Worker で実行する場合があるので、絶対パス(またはルートからのパス)を指定するようにしてください。

no_default_css="0 | 1"

値に 1 を指定すると、デフォルトで追加される CSS を追加しないようにすることができます。

トフでもできる!?テーマ開発BOOK 動画マニュアル