タグリスト

MTResponseHeader

HTTPのレスポンスヘッダーを指定することができます。

最大で3000文字まで指定することができます。

使い方

<mt:If tag="CustomFieldValue" identifier="redirect_url">
<mt:ResponseStatus>301</mt:ResponseStatus>
<mt:ResponseHeader name="Location"><$mt:CustomFieldValue identifier="redirect_url"$></mt:ResponseHeader>
<mt:Else>
<mt:ResponseHeader name="Content-Security-Policy">default-src 'self'</mt:ResponseHeader>
</mt:If>

モディファイア

name="Header-Name"

レスポンスヘッダーの名前を指定します。
指定可能な名前は以下の通りです。

  • Content-Type
  • X-Frame-Options
  • Content-Security-Policy
  • Content-Security-Policy-Report-Only
  • Location
トフでもできる!?テーマ開発BOOK 動画マニュアル