ニュース

MovableType.net の最新情報をお届けします。

インポート/エクスポート機能でCSV形式が使えるようになりました

記事とウェブページのインポートエクスポート機能で、CSV形式が利用できるようになりました。Excelで管理しているデータをウェブページに一括で読み込みたい場合や、Movable Type と WordPress 以外のCMSのデータをCSV形式で移設したい場合などに役立ちます。

CSV形式はカンマ区切りのテキストファイルで Microsoft Excel や Mac の Numbers 等で扱うことができ、指定のフォーマットに合わせれば Excel 等で新規に作成したデータを読み込むことも可能です。

※ Excelで作成したCSVファイルはShift_JIS形式で出力されるので、インポート時には日本語(Shift_JIS)を選択してください。

また、書き出したデータには個別のID(identifier)も記載されるため、例えば MovableType.net からCSV形式で書き出したデータをExcel等で編集してインポート、といった場合でも重複することなく更新することができます。

CSVの利用例

  • 会員情報をExcelで管理していて、その情報をウェブページとして一括で読み込みたい
  • Movable Type や WordPress ではない他のCMSのデータをCSV形式で移設したい
  • MovableType.net で管理するウェブページをマスターデータとして、エクスポートして編集後にインポートして管理したい
  • サイト設計時にエクセルで管理していて、フォルダやウェブページの構造をそのままインポートして作成したい

フォーマットや活用方法の詳細については、以下をご覧ください。

その他の改善

  • グローバルモディファイアの trim_to で「5+...」といった表記が利用できるようになりました

アカウント作成は無料! 同じアカウントでウェブサイトをいくつでも作成でき、
作成したウェブサイト毎に14日間無料で利用可能です。

アカウント作成