マニュアル

フォームの受付データを保存(書き出し)する

※ フォームはライトプランで1個まで、スタンダードプランで10個まで、プロプランで25個まで作成することができます。

フォームの受付データを保存するには、まず、該当フォームの基本設定で「受付データの保存」を「サービス上に保存」と設定しておく必要があります。フォームの基本設定は以下で変更できます。

  1. ダッシュボード に表示されるウェブサイトとブログ一覧から、ウェブサイト名をクリックする

  2. 左サイドバーの [フォーム] - [新規] または [一覧] をクリックする

フォームの受付データの保存・書き出し

※ 保存されるデータについては、以下の制限事項があります。

  • 管理画面上では最新100件の概要が表示されます。
  • ダウンロード可能なデータ数は1000件までとなります。
  • 書き出しデータのCSVファイルはutf-8で保存されます。
  • 添付ファイルは保存されません。

フォームの設定で、受付データの保存を設定できます。(設定しない場合は従来どおり保存されません。)

「サービス上に保存」を選択すると、設定したタイミングからデータが保存されるようになり、受付データページに一覧で受信内容が表示されます。全てのデータはCSV形式でダウンロードすることが可能です。

データを書き出すためには、フォームの受付データページにて「ダウンロード」ボタンをクリックします。
受信したデータには受付番号が割り当てられ、「リセット」ボタンをクリックすることで受付件数と受付番号のリセットを行えます。

フォームの受付データの保存先を kintone に設定する

サイボウズ社の提供している kintone と連携することでフォームの受付データの保存先を kintone に設定することができます。
具体的な設定方法は「フォーム機能のデータの保存先に kintone を選択する方法」を参照してください。

書き出したデータを開くと文字化けしてしまう場合の対処法

書き出しデータのCSVファイルはutf-8で保存されます。そのため、異なる文字コードで開くと文字化けしている場合があります。
文字化けが発生した場合は、以下の方法で対応を行ってください。

  1. メモ帳でCSVファイルを開き、CSVファイルをメモ帳にドラッグする。
  2. 文字化けなく開けたら、元のCSVファイルに上書き保存する。