ニュース

MovableType.net の最新情報をお届けします。

カスタマイズも可能な「サイト内検索」機能を追加しました

ウェブサイト内の記事やウェブページを検索できる「サイト内検索機能」を追加しました。

サイト内検索機能

サイト内検索機能では Data API と JavaScript を利用しているため、ウェブサイトの 設定 > 公開 から Data API の設定を有効にする必要があります。

検索ボックスの設置

下記のタグを記述するだけで、検索ボックスを簡単に設置できます。

<$mt:SiteSearchSnippet$>

検索機能のカスタマイズ

検索機能では以下のようなカスタマイズが可能です。

  • 記事やウェブページのキーワード欄に任意のキーワードを指定し、該当のキーワードで検索された際に優先的に検索結果上位に表示
  • 検索ボックスの下に検索結果を表示するほか、別に検索結果ページを作り、そのページに遷移させて指定したidの場所に結果を表示
  • 検索対象のフィールドを細かく指定
  • 検索対象にするブログ(ウェブサイト)を識別子やidで指定
  • 特定のカテゴリでのフィルター
  • 検索対象を特定のフォルダ配下に限定
  • 検索結果の表示件数を指定(10件毎のページ送りなど)

たとえば、下記のように記述すると「識別子blogのブログを対象に検索を実行し、/blog/search.html に画面遷移させ、そのページ内の id が s-result の部分に検索結果を表示する」ということが実現できます。

<$mt:SiteSearchSnippet blog_ids="blog" form_action="/blog/search.html" search_result_container="s-result"$>

上記の動作は活用ブログでご紹介しています。
CSSサンプルあり!サイト内検索機能を実装してみよう - MovableType.net 活用ブログ

基本的な使い方はマニュアルをご参照ください。
サイト内検索を設置する方法 - マニュアル | MovableType.net

さらに活用ブログでは、サイト内検索について徹底解説する記事を公開しました。
サイト内検索機能を徹底解説! - MovableType.net 活用ブログ

記事とウェブページ以外に、インデックステンプレートを使用したページや、ファイルマネージャーでアップロードしたHTMLファイルも検索対象にされたい場合の方法も詳しくご紹介しています。こちらもぜひご覧ください。
サイト内検索機能の検索対象にインデックス・テンプレートを追加する | MovableType.net 活用ブログ

ベーステーマのサイト内検索対応

以下のベーステーマにおいて、Google カスタム検索ボックスから MovableType.net 標準の検索機能に変更し、検索ボックスと検索結果ページを実装しました。

これまで検索結果に広告表示の無いサイト内検索機能として、有償の「Google Site Search」や「Yahoo!検索 カスタムサーチ」が利用されていました。しかし、相次いでサービスが終了し、他のサービスやソリューションに移行するにも Google Site Search よりコストがかかるケースも多く、検索結果に競合他社の広告が表示されてしまう無償の「カスタム検索エンジン」の利用を検討せざるを得ない状況になっていました。

そのため、MovableType.net でのサイト内検索対応への要望も多く、サイト内検索機能のリリースを急ぎました。簡単に実装できますので、ぜひご利用ください。

アカウント作成は無料! 同じアカウントでウェブサイトをいくつでも作成でき、
作成したウェブサイト毎に14日間無料で利用可能です。

アカウント作成