Movable Type.net

MovableType.net 活用ブログ

MovableType.net の新機能の使い方や、ウェブサイトの構築・運用に役立つTIPSを紹介しています。

新しくなったリッチテキストを使って記事を作成する

MovableType.net のリッチテキストエディタが新しくなり、装飾ボタンがパワーアップしました!
今回は特に、今までとは大きく異なる「書式」、「ソースコード」、「表」の使い方を重点的にご紹介します。

rich01.png

richtext02.png
まずは「書式」。

今回、このメニューには「見出し」、「インライン」、「ブロック」という複数のメニューが含まれるようになりました。

rich02.png

「見出し」には見出し1から6が含まれ、それぞれ文字サイズの異なる見出しを設定することができます。

rich03.png

「インライン」には「下線」、「取り消し線」、「書式をクリア」が含まれ、選択したテキストにそれぞれの装飾、または選択したテキストに設定済みの装飾を一気に解除することができます。

rich04.png

「ブロック」には P タグや Div タグ、Pre タグといったテキストを囲んで設定するタイプの HTML タグが含まれ、選択したテキストを該当のタグで囲むことができます。

richtext10.png

次に「ソースコード」。

これをクリックすると、作成中の記事をHTMLで確認・修正することが可能です。

rich.png

本文内の HTML の細かな修正や追加などはこのボタンを利用してください。

rich05.png

MovableType.net の機能であるメールフォームのソースコードも、この機能で設置することができます。フォーム機能で出力したソースコードを貼り付けるだけで簡単にブログの記事内にメールフォームを設置することができます。

richtext15.png

最後に「表」。
このボタンをクリックすると、テーブルタグを簡単に挿入することが可能です。

「表の挿入」を選択すると、カーソルの位置でテーブルの行数と列数を設定でき、簡単に表を記事内に挿入することができます。

table.png

また、挿入した表にカーソルを合わせた状態で再び「表」ボタンをクリックすると「セル」、「行」、「列」の詳細設定を行えます。
どのような表になっているのかを視覚的に確認しながら作成、編集が行えるようになったのは、新しくなったリッチテキストでも特に便利になった部分かと思います。

この他にも全体的にパワーアップしたリッチテキストエディタ、ぜひ日々の更新に活用してください。

リッチテキストの使い方:
https://movabletype.net/support/entrywebpage/richtext.html

アカウント作成は無料! 同じアカウントでウェブサイトをいくつでも作成でき、作成したウェブサイト毎に14日間無料で利用可能です。

アカウント作成

Movable Type.net は無料トライアルが可能です。
Web制作者の方で、デモや評価利用をご希望の場合は、制作者向け評価ライセンスをご利用ください。

無料トライアル 資料ダウンロード 制作者向け評価ライセンス