Movable Type.net

MovableType.net 活用ブログ

MovableType.net の新機能の使い方や、ウェブサイトの構築・運用に役立つTIPSを紹介しています。

先週の4日連続リリースの機能をまとめて紹介

こんにちは、プロダクトマネージャーの早瀬です。

先週はお年玉的な意味合いと今年の意気込みも込めて、4日連続リリースを行いました!

以下がそのニュースになります。

今回はそれぞれについてまとめて紹介します。

テンプレート保存前プレビュー

初日はデザインのテンプレート編集時に保存前にどういったように表示されるかプレビューできるようになりました。

この機能の良いところは以下になります。

  • 従来は保存して公開後に確認したが、公開用に反映される前に事前に確認できる。
  • 変更履歴は保存をする度に残るため、履歴が多くなりすぎて見づらくなることを防げる。

私もテンプレート編集をしているとちょっと変更して確認、というのを繰り返すので非常にやりやすくなりました(^^)

保存前プレビューの対象は、インデックステンプレートと記事やアーカイブ系のアーカイブテンプレートと404ページのシステムテンプレートになります。

フルスクリーン編集時にも保存前プレビューが可能に

テンプレート編集ページでは、画面を広く使って作業できるようにフルスクリーン編集モードがありますが、この画面でもプレビューができるようになりました。

従来はテンプレート修正→フルスクリーン解除→保存→確認→再度フルスクリーンモード→テンプレート修正、、という手順でしたがテンプレート修正→プレビュー→テンプレート修正、といったように非常に効率よくなりました。

変数をまとめて指定できるmt:SetVarsタグの追加

2日目はテンプレートで利用するタグの追加です。元々mt:SetVarというタグはあったのですが、多くのパートナー様からmt:SetVarsタグをソフトウェア版 Movable Type で良く使うのであると便利なんです、とフィードバックを頂き対応しました。

書き方もスッキリするし便利なタグになります。

演算計算が可能になるopモディファイアの追加

3日目は、2日目に続きタグに関するものです。こちらも多くのパートナー様からご要望いただいた機能で「opモディファイアを利用すれば四則演算ができる」というものになります。

例えば記事一覧で3記事毎に広告を入れたい、今年の年に1足したい、など複雑なカスタマイズをする際に非常に便利に使えます。

詳細については以下をご覧ください。

カテゴリとフォルダのカスタムフィールド対応

最終日はカテゴリとフォルダのカスタムフィールド対応と、常時SSL化の際の対応ブラウザの追加です。

カスタムフィールドが今までは、ブログ、記事、ウェブページ、アイテムで利用できたのですが、さらにカテゴリとフォルダでも使えるようになりました。

これを利用すると以下の例のように、より運用しやすいようにカスタマイズすることが可能です。

上記以外にも特定のフォルダ配下のページは同じヘッダー画像にするカテゴリアーカイブページに表示するものを追加する、など他にも工夫次第で色々な利用用途があると思います。

常時SSLにおけるHTTP/2プロトコル対応ブラウザの追加

常時SSL化したサイトでは、HTTP/2プロトコルを利用することでページ表示の高速化などの恩恵をうけることができます。
この対応は、ブラウザによって異なるのですが、今回のアップデートで主要なブラウザすべてに対応し、HTTP/2 プロトコルを利用するようにしました。

以上、先週リリースした機能をざっくりと紹介させていただきました。

MovableType.net は今年もアグレッシブに、使いやすく運用しやすい機能をどんどん追加していきますのでよろしくお願いいたします!

アカウント作成は無料! 同じアカウントでウェブサイトをいくつでも作成でき、作成したウェブサイト毎に14日間無料で利用可能です。

アカウント作成