マニュアル

関連記事・ウェブページ機能

関連記事機能・ウェブページ機能では、記事やウェブページ内に同ウェブサイト内の別の記事(ウェブページ)への関連付け(リンク)を行うことができます。一方の記事(ウェブページ)で関連付けを行うと、関連付けされた方の記事(ウェブページ)からも自動的に関連付けが行われます。

関連記事・ウェブページ機能の設定方法

  1. ダッシュボード に表示されるウェブサイトとブログ一覧から、ウェブサイト名をクリックする
  2. 左サイドバーの [設定] - [投稿] をクリックする
  3. 一番下の「関連記事・ウェブページ」の項目を設定する
    ウェブサイトとブログ:検索対象にしたいウェブサイトやブログを指定する。複数指定可能
    システムオブジェクト:指定したいオブジェクト(記事、ウェブページ)を選択する。
  4. [変更を保存] ボタンをクリックする

利用方法

実際の利用は記事・ウェブページの新規、編集画面の右下の関連記事・ウェブページから行います。

選択リンクをクリックすると、検索・設定するためのウィンドウが表示されるので、検索対象にしたいウェブサイト・ブログ記事・ウェブページを選び検索します。

検索結果から、関連付けたいものにチェックを入れると選択され上部に表示されます。関連付けられるのは最大10個までです。

[完了] ボタンをクリックし記事(ウェブページ)を保存すると関連付けが完了となります。関連先にも同じように紐付けが行われます。

テンプレートへの記述方法

関連付けをテンプレート上で表示するには以下のタグを利用します。

上記はブロックタグになっているため、以下のように記述することで利用できます。
処理としてはifで関連する記事がある場合は表示、mt:RelatedEntriesで囲み中では表示したい記事のタイトルリンクを設定しています。

<mt:If tag="RelatedEntries">
<ul>
<mt:RelatedEntries>
<li><a href="<mt:EntryPermalink>"><mt:EntryTitle></a></li>
</mt:RelatedEntries>
</ul>
</mt:If>

以上のように簡単に関連する記事の情報を出力することができます。