Movable Type.net

マニュアル

リダイレクト設定

パスやURLが変更になった場合に、転送元と転送先を指定するだけで、簡単にリダイレクトを設定できます。「301リダイレクト」で転送先に誘導するため、転送元の検索エンジンからの評価(被リンクやページランク、ドメインの運用年数)は引き継がれます。

利用例

  • 元々フォルダAの中にあったウェブページを、公開後にフォルダBの中に移動した。
    • 転送元:/a/page.html 転送先:/b/page.html
  • フォルダ名をworkで運営していたが、公開後にworksに変更したのでその配下のページを全てリダイレクトさせたい。
    • 転送元:/work/ 転送先:/works/
  • ブログをドメイン配下で運営していたが、サブドメインを設定して別に運営したい。
    • 転送元:/blog/ 転送先:https://blog.example.com

他にもさまざまなケースで役立ちます。設定数の上限や制限事項などの詳細は、以下のマニュアルをご参照ください。

関連機能

  • ウェブサイトのドメインが変更になる場合は、追加ドメイン機能で設定が可能です。
  • ウェブサイトをhttp://からhttps://(常時SSL化)にする場合は、常時SSL機能で設定が可能です。

テーマギャラリー 資料ダウンロード