マニュアル

公開の設定

公開設定では下記項目の設定ができます。

  • 独自ドメイン
  • ディレクトリ構造
  • 常時SSL(HTTPS)
  • 限定公開
  • 共有プレビュー
  • ステージングの限定公開
  • Data API
  1. ダッシュボード に表示されるウェブサイトとブログ一覧から、ウェブサイト名、またはブログ名をクリックする

    website_blog00.png

  2. 左サイドバーの [設定] - [公開] をクリックする

    settingpublish01.png

  3. 各項目を設定する

    公開設定

    • ドメイン
      公開の設定
      独自ドメイン、追加ドメインの設定については、「独自ドメイン(公開設定/追加ドメイン)」をご参照ください。
      ※ この項目はウェブサイトの [公開] ページでのみ表示されます。
    • ディレクトリ構造
      公開の設定
      ウェブサイトのトップ(独自ドメイン)に階層を追加することができます。
      ※ ブログでは [公開] ページの「ディレクトリ構造」で「別名」として設定できます。
      詳しくは「ウェブサイトとブログのパスの階層化」をご参照ください。
    • HTTPS
      公開の設定
      閲覧ページを常時SSL化する設定です。詳しくは 「常時SSL機能(公開ページのHTTPS化)」をご参照ください。
      ※ この項目はウェブサイトの [公開] ページでのみ表示されます。
    • 限定公開
      公開の設定
      ウェブサイト(ブログ)の閲覧を3通りの方法で制限することができます。
      開発中で他の人に見せたくない場合、簡易的な会員向けサイトとして運営したい場合などに利用できます。
      • パスワード認証
        ウェブサイト・ブログごとに最大で15個のパスワードを設定できます。
      • Basic認証
        ウェブサイト・ブログごとに1組のユーザー名とパスワードをを設定できます。
      • 会員認証(スタンダードプラン以上)
        会員機能を利用して閲覧制限ができます。登録できる会員数はプランによって異なります。
      設定方法については「限定公開(パスワード認証、Basic認証、会員認証)設定」をご覧ください。
      ウェブサイト(ブログ)の閲覧認証時に「認証情報を記憶する」にチェックを入れることで、パスワードを3カ月間記憶(その間にアクセスがあればその時点からまた3カ月)します。
    • 共有プレビューの限定公開
      公開の設定
      共有プレビューは、記事やウェブページを公開前に事前に確認するための機能です。共有プレビューのURLは推測しにくいものになっていますが、パスワードを設定することで第三者に閲覧可能になってしまうリスクをさらに低減させることができます。パスワードは最大5個まで設定することができるので、社内用のパスワード、外部ライター用のパスワードといったように複数設定することもできます。
    • ステージングの限定公開
      公開の設定
      ステージング機能(スタンダードプラン以上)を利用することで、公開前に確認ができます。
      詳細は「ステージング機能を利用する(一覧/新規)」をご参照ください。
    • Data API
      公開の設定
      MovableType.net内のデータを様々な形で利用できます。
      詳細は「Data APIを利用する」をご参照ください。