MTタグ逆引き辞典

設定した条件を満たしているか判別する条件タグ

ブロックタグ

MT共通

<mt:If>

mt:SetVar に設定した変数、または mt:SetVarBlock, mt:SetVarTemplate で設定した変数を利用して
条件を満たした場合にのみ実行するブロックタグです。
mt:Unless は mt:If の逆で条件を満たさない場合にのみ実行します。
mt:If ブロックの中で mt:Unless の結果と同じ結果を得たい場合は mt:Else と組み合わせることで
条件を満たさない場合の実行内容も設定できます。

mt:If を使用する前には、変数を設定する必要があります。

タグリストのページ:<mt:If>

モディファイア

name モディファイアの値を設定(必須)

name="foo"

変数のnameを呼び出し、どの値で条件分岐を行うか指定します。

判別の条件を細かく設定できます。
何も指定しない場合は、mt:SetVar に value モディファイアが設定され、値が 0 ではない場合にのみ実行します。

変数に foo が含まれる場合に実行

like="foo"

mt:SetVar に設定された変数、または mt:SetVarBlock, mt:SetVarTemplate の変数に foo が含まれる場合にのみ実行します。

変数が foo と一致する場合に実行

eq="foo"

mt:SetVar に設定された変数、または mt:SetVarBlock, mt:SetVarTemplate の変数が foo と一致する場合にのみ実行します。

変数が foo と一致しない場合に実行

ne="foo"

mt:SetVar に設定された変数、または mt:SetVarBlock, mt:SetVarTemplate の変数が foo と一致しない場合にのみ実行します。

変数が foo より小さい場合に実行

lt="foo"

mt:SetVar に設定された変数、または mt:SetVarBlock, mt:SetVarTemplate の変数が foo より小さい場合にのみ実行します。

変数が foo より大きい場合に実行

gt="foo"

mt:SetVar に設定された変数、または mt:SetVarBlock, mt:SetVarTemplate の変数が foo より大きい場合にのみ実行します。

変数が foo 以下の場合に実行

le="foo"

mt:SetVar に設定された変数、または mt:SetVarBlock, mt:SetVarTemplate の変数が foo 以下の場合にのみ実行します。

変数が foo 以上の場合に実行

ge="foo"

mt:SetVar に設定された変数、または mt:SetVarBlock, mt:SetVarTemplate の変数が foo 以上の場合にのみ実行します。

MTタグに値があるか判別

tag="MTtagName"

指定したMTタグに値がある場合は true (真)。無い場合は false (偽) を返します。

op

op モディファイアに関しては、テンプレートタグで利用できる演算関数を参照ください。