MTタグ逆引き辞典

アイテムの一覧を表示するブロックタグ

ブロックタグ

MT共通

<mt:Assets>

ブログのアイテム一覧のためのブロックタグです。
モディファイアを指定することで、特定の条件にあてはまるアイテムだけを抜き出すことや、日付順で指定した数のアイテムを一覧することができます。

タグリストのページ:<mt:Assets>

モディファイア

出力する件数を制限(降順)

lastn="N"

降順(新しいものから古いものへ)で処理します。N は 0 より大きな数字にしてください。

指定した数のアイテムを除外

offset="N"

指定された条件で件数を指定

limit="N"

指定された条件でフィルタリングした結果を指定数を最大件数として表示します。指定可能な値は 1-100 のみです。

指定したユーザーのアイテムを表示

author="author_foo"

指定した日数以内のアイテムをすべて表示

days="N"

他のオプションと併用すると、days が無視されます。
指定可能な値は 1-365 のみです。
※1以下の数値を指定した場合は1日以内に、366以上の数値を指定した場合は365日以内にアップロードしたアイテムを表示します。

アイテムの種類で絞り込む

type="image"
  • image
  • audio
  • video
  • file

※ 表示したいアイテムが image でも audio でも video でもない場合は、file という値を設定します。

表示したいアイテムを拡張子で絞り込む

file_ext="extension_foo"

アイテムを並べる順序を指定

sort_order="ascend または descend"

ascend を指定すると昇順 (新しいものが下)、descend は降順 (新しいものが上) です。
初期値は descend です。

並び替える条件を指定

sort_by="foo"
  • created_on … 追加日
  • created_by … 追加したユーザー
  • file_name … アイテムのファイル名
  • field:カスタムフィールド識別子 … カスタムフィールドの識別子

※ authored_on, blog_id, field:識別子 のみ対応しています。
※ created_on(作成日) を利用した場合は authored_on と同じ動作(記事の編集画面で設定した日時順)になります。

カスタムフィールドで選択された値で絞り込む

field:カスタムフィールド識別子="フィールド欄に設定された値"

表示したいアイテムを「アイテムの編集」内に設置したカスタムフィールド欄上で選択された値で絞り込むことができます。

カスタムフィールドの値を利用してウェブページを指定

field:識別子="foo"

field:識別子には、カスタムフィールド機能で設定した識別子を設定し、
"foo" には指定したフィールドの値を設定します。
このモディファイアでは、カスタムフィールドに入力した複数の値を組み合わせたフィルタリング (AND, OR, NOT) を利用できません。

対象のブログ、ウェブサイトを指定

include_blogs="ID または 識別子"
include_with_website="1"
exclude_blogs="ID または 識別子"

詳しくは、マルチブログ機能が利用できるテンプレートタグを参照してください。

一行に表示するアイテム数 N 件を設定

assets_per_row="N"

mt:AssetIsFirstInRow, mt:AssetIsLastInRow タグを使用して画像の一覧を作成する際に、一行に表示するアイテム数を設定します。

自動フィルターを行わずにデータをロードする

ignore_archive_context=" 1"

アーカイブテンプレートの中でブロックタグを用いる場合、自動的に現在のアーカイブの条件によるフィルターが掛かります。
"1" を指定すると、自動フィルターを行わずにデータをロードさせることができます。

記述・出力サンプル

記述

出力

サンプルサイト設定上でのテンプレート出力サンプルです。

●最新3件のアイテムを表示
●チェックボックスにチェックがある記事のアイテムを表示