MTタグ逆引き辞典

応用

特定のフォルダ内のウェブページのレイアウトを変更する

ウェブページのテンプレートは全ページ共通ですが、特定のフォルダ配下のウェブページはスタイルを変更したい、という場合があります。
ここでは指定したフォルダでは2カラムではなく1カラムにしたい、といった場合の例を紹介します。

使用するMTタグ

  • mt:If
  • mt:SetVarBlock
  • mt:TopLevelFolder
  • mt:FolderLabel

  • まず、ウェブページのテンプレートを編集していきます。以下該当部分となります。
    ポイントは、フォルダ名を指定して、mt:Ifで現在のウェブページが属する一番上の階層のフォルダと比較し同じであればlarge-12を表示、一致しない場合はlarge-8を表示する、というところです。
    ※ 今回の方法はFoundationをベースとしたPublic Organizationテーマでの説明です。
    実際はclass名の変更なのでBootstrapなど他の場合でも応用は可能です。

    ウェブページ記述サンプル

    変更前

    変更後

    続いて右サイドバーも変更します。コンテンツが1カラムになったため、横幅が広くなり寄ってしまうため2列に変更します。
    まず、同じウェブページ内の以下の部分を同様に変更します。

    ウェブページ記述サンプル

    変更前

    変更後

    最後に、ウェブページに読み込んでいるwebpage-sidebarモジュールを編集します。
    上記のようにFoundationのルールで自動レイアウトできるように記述を追加します。

    ウェブページ記述サンプル

    変更前

    変更後

    これによりコンテンツ部分が1カラムの場合にはサイドバーのコンテンツは下側に2列に、といったように収まりが良くなります。